close

2021.12.08

選手情報

来年2月のロッテルダム大会にオジェ・アリアシムとモンフィスが参戦! すでに4名のトップ10が出場決定

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ATP500ロッテルダム大会の出場が決まったフィリックス・オジェ・アリアシム(写真左/Photo by Takeo Tanuma)とガエル・モンフィス(Photo by Getty Images)

2020年大会の決勝を戦ったオジェ・アリアシムとモンフィスが出場

12月7日、「ABNアムロ世界テニス・トーナメント」(オランダ・ロッテルダム/2月7~13日)は、2022年大会にフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/世界ランク11位)とガエル・モンフィス(フランス/同21位)の出場が決まったことを発表した。

【動画】錦織圭のショットもランクイン! 2021年ロッテルダム大会のベスト10ショット&ラリー

オジェ・アリアシムは、同大会に過去3度の出場。今年こそ1回戦で錦織圭(日清食品)に敗れたものの、2020年大会では決勝に進出し、優勝まであと一歩のところまで迫った。また、モンフィスは9度の出場を果たしており、2019年、2020年大会を連覇している相性の良い大会。3度目のタイトル獲得となれば、ロジャー・フェデラー(スイス)と並んで最多となる。

トーナメント・ディレクターを務める1996年ウィンブルドン覇者で元世界4位のリチャード・クライチェク氏は、「モンフィスは、過去2度(会場の)ロッテルダム・アホイで優勝したことがある。彼は我々のセンターコートで優れたプレーをし、常にベストを引き出す方法を知っている選手だ。フィリックス・オジェ・アリアシムも楽しみな選手で、2月の大会で最後の一歩を踏み出し、初めてのタイトルを獲ってもまったく不思議ではない」と、両選手の出場を楽しみにした。

なお、オジェ・アリアシムとモンフィスのほか、すでにUSオープン覇者のダニール・メドベデフ(ロシア/同2位)、ステファノス・チチパス(ギリシャ/同4位)、アンドレイ・ルブレフ(ロシア/同5位)、フベルト・フルカチュ(ポーランド/同9位)の出場が発表されており、次回大会もかなりハイレベルな戦いとなりそうだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP