close

2022.01.01

大会情報

ジュニアの登竜門「むさしの村ニューイヤージュニアテニストーナメント」18歳以下シングルス男子は佐藤怜が、女子は井坂理乃が優勝!

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ジュニアの登竜門「むさしの村ニューイヤージュニアテニストーナメント」開催中!

18歳以下男女シングルス
優勝者が決定!

12月30日より埼玉・むさしの村ローンテニスクラブにて開催されている「むさしの村ニューイヤージュニアテニストーナメント」(2022年1月5日まで/予備日:〜1月10日)。大会2日目の12月31日は、18歳以下男女シングルスの準々決勝、準決勝、決勝が行われた。

【画像】プレー写真&勝ち上がり表(結果)はこちら

関東テニス協会公認大会であるこの大会は、12歳以下から18歳以下までの男女シングルで争われ、開催地である埼玉県のジュニアだけでなく関東他県の選手も出場する。開催に際しては、マスクの着用、各コートの消毒液の設置など、新型コロナウイルスの感染症対策を講じながら行われている。

18歳以下男子シングルスは、決勝で第1セットを先取されながらも逆転勝ちを収めた佐藤怜(レイムテニスセンター)が栄冠。18歳以下女子シングルスは、準決勝まで相手に3ゲーム以上を与えず、決勝でも第2シードの齋藤咲希(東洋大学付属牛久高)にストレート勝ちした井坂理乃(MLTC)が、頂点に輝いた。

〈18歳以下シングルス結果〉
●男子
優勝:佐藤 怜(レイムテニスセンター)
準優勝:鈴木隼人(ビッグK)
ベスト4:内田弘心(シードT.C)、吉田圭太(Fテニス)
ベスト8:日比野資史(大磯T.A)、新井颯太(埼玉平成高)、武部 湊(CSJ)、佐藤遙太(YSC)


18歳以下男子シングルス優勝の佐藤怜と準優勝の鈴木隼人

●女子
優勝:井坂理乃(MLTC)
準優勝:齋藤咲希(東洋大学付属牛久高)
ベスト4:小松由茉(フミヤエース市川T.A)、上坂真菜(NJT.C)
ベスト8:長谷川汎奈(TEAM YONEZAWA横浜)、室井仁茄(ウッドACTT)、山倉実桜(CSAT)、渡部莉乃香(CSAT)


18歳以下女子シングルス優勝の井坂理乃と準優勝の齋藤咲希

大会3日目の1月1日は、16歳以下男子シングルスが4回戦まで、14歳以下女子シングルスが準々決勝まで行われる予定だ。



「第27回むさしの村ニューイヤージュニアテニストーナメント」
●場所:むさしの村ローンテニスクラブ(〒347-0042 埼玉県加須氏志多見1700-1、TEL0480-62-2689)
●種目:18歳以下、16歳以下、14歳以下、12歳以下の男女シングルス
●日程:
【18歳以下男女】2021年12月30日・31日(予備日:2022年1月4日~10日)
【16歳男子・14歳以下女子】2022年1月1日・3日(予備日:2022年1月4日~10日)
【16歳女子・14歳以下男子】2022年1月2日・3日(予備日:2022年1月4日~10日)
【12歳以下男女】2022年1月4日・5日(予備日:2022年1月6日~10日)
●試合方法:全種目準決勝まで1セットマッチ(6-6よりタイブレーク)、決勝はノーアドバンテージ3セットマッチ(6-6よりタイブレーク)
※参加人数や進行状況・天候によるコート状況により日程や試合方法が変更になることや、ナイターを使用することがある
●使用球:ヨネックス ツアープラチナム
●サーフェス:クレーコート
●公認グレード:グレード4C

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=むさしの村ローンテニスクラブ

注⽬の記事PICK UP