close

2022.01.20

選手情報

日比野菜緒/ロソルスカ、アメリカペアに逆転勝利で2回戦へ[全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

日比野菜緒、ロソルスカとのコンビで約4年5ヵ月ぶりの勝利

1月20日、全豪オープン4日目、女子ダブルス1回戦が行われ、日比野菜緒(ブラス/ダブルス世界ランク101位)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド/同126位)は、アメリカのアン・リー(同724位)/アリソン・リスケ(同213位)と対戦。3-6、7-6(6)、6-3の逆転で下し、2回戦進出を果たした。

【画像】日比野/ロソルスカ、1回戦スタッツ&「全豪オープン」女子ダブルス組み合わせ

この日の試合、ともにシングルスプレーヤーであるリー、リスケとの対戦となった日比野/ロソルスカ。第1ゲームでブレークに成功したものの、第4、第6ゲームとミスが続いてしまい、5ゲームを失って第1セットを3-6で落とす。

しかし、第2セットで日比野/ロソルスカは、反応の良いネットプレーと相手のミスもあって、リードを許してもすぐさまブレークバック。互いに3度サービスゲームを破ってタイブレークに突入する。そのタイブレークでは、積極的にネットプレーを仕掛けた日比野/ロソルスカが、4度のミニブレークに成功。一時は追いつかれたものの、勢いのある日比野/ロソルスカが再びリードを奪って、7-6(6)でセットを奪い返した。

勝負の最終セット、第3ゲームでロソルスカがダブルフォールトを2本犯して、またも先にブレークを許す。それでも下を向かず、アグレッシブに攻めた日比野/ロソルスカ。すぐさま追いつくと、第7ゲームでは7度のデュースの末に2度目のブレークでリードを奪って、逆転で勝利を収めた。

今シーズン、「メルボルン・サマー・セット2」(オーストラリア・メルボルン/WTA250)でもペアを組んだ日比野とロソルスカだが、初戦敗退となっており、2017年USオープン以来勝利を飾れなかったが、約4年5ヵ月ぶりの勝利となった。

2回戦で日比野/ロソルスカは、第16シードのビクトリア・クズモワ(スロバキア/同62位)/ベラ・ズボナレワ(ロシア/同54位)と対戦する。

※ランキングは1月17日付のもの



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP