close

2022.02.15

選手情報

15年大会覇者ワウリンカが出場と全仏オープンが発表「彼が大会に帰ってくる」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:ゲッティ イメージズ

ワウリンカが大会出場に「イエス !」

現地2月14日、全仏オープンは、公式サイトで元王者のスタン・ワウリンカ(スイス/世界ランク171位)が「大会に帰ってくる」と発表した。

【SNS】ワウリンカが出場すると発表した全仏オープンの投稿

公式サイトの発表によると、今週、ワウリンカは自身がアソシエイト・プロデューサーを務めた映画『Maison de retraite』の公開にあたり、パリを訪問。『ル・パリジャン』紙の取材に応じて、「イエスだ。ローラン・ギャロスはイエスだ。よく、なぜケガから復帰して続けようとするのかと聞かれるけど、それは私がテニスに情熱を持っているからなんだ。観客が大好きだ。コートに出る時は、それがゲームであることを忘れないようにしている。テニスの基本は、子どもたちに『遊んできなさい』と言うのと同じ。プロになると、多くの人がそれを忘れ、テニスを仕事として捉えてしまう。私が最もモチベーションを上げるのは、プレーすること、楽しむこと、そして自分自身を楽しむことを思い出すことなんだ」と答えたという。

昨シーズン、全豪オープンで2回戦敗退を喫すると、3月のATP500ロッテルダム大会、ATP250ドーハ大会で共に1回戦負け。直後に左足を手術し、“数週間コートを離れることになる”と発表していた。だが、回復具合が思わしくなく、3ヵ月後に同じ左足を再手術。2月5日、「久しぶりだ」というテキストと共に片手バックハンドを打つ動画をSNSに公開している。

3月28日で37歳となるワウリンカは、ビッグ3がツアーを牛耳る中、2014年に全豪オープンで優勝すると、2015年全仏オープンでは、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を4-6、6-4、6-3、6-4で下して優勝。さらに2016年USオープンも制覇して、キャリア・グランドスラムに王手をかけている。

【関連記事】元世界3位ワウリンカが「約1年ぶり」のヒッティング、2度の左足手術から復活を目指す

【関連記事】ワウリンカが再度の左足治療を報告。投稿の動画では笑顔も見せる

【関連記事】フェデラー、ティエム、チチパス、シャポバロフ…少数派「片手バックハンド選手」の戦いに注目!


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP