close

2022.03.14

選手情報

ロシア、ベラルーシの資格停止処分を受けて、ITFが男女国別対抗戦の代替出場国を決定

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ロシアテニス連盟、ベラルーシテニス連盟の資格停止を受けてITFが決定

3月14日、ITF(国際テニス連盟)は理事会を開き、国別対抗戦の男子「デビスカップ by Rakuten」と女子「ビリー・ジーン・キング・カップ by BNP Paribas」の2022年大会で、ロシアテニス連盟、ベラルーシテニス連盟のチーム入れ替えを決定した。これは3月1日にロシアテニス連盟とベラルーシテニス連盟の資格を停止し、チーム戦への出場を無期限で中止処分にしたことを受けて決定されたもの。

【動画】前回大会では男女で優勝となったロシアテニス連盟

まず、「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」でロシアテニス連盟は、前回大会を優勝して今年の出場権を獲得していたが、前回大会ベスト4で最上位国のセルビアに出場権が渡ることに。セルビアは、2022年大会のワイルドカードを獲得していたため、デビスカップ・ファイナルズ運営委員会は代替のワイルドカード国を、ファイナル予選で敗れた日本を含む12ヵ国から選出する予定だという。

9月に開催予定のワールドグループ1部には、プレーオフで敗れた国で最高位のウズベキスタンが、ワールドグループ2部には同じくプレーオフで敗れた国で最高位の中国、タイが出場することになった。
ベラルーシテニス連盟は、3月4日のワールドグループIプレーオフを不戦敗となっている。

女子の「ビリー・ジーン・キング・カップ by BNP Paribas ファイナルズ」では、前回優勝国のロシアテニス連盟が今年のファイナルズ出場権を得ていたが、前回大会ベスト4で最上位国のオーストラリアに出場権が渡る。これを受けて、4月15日〜16日にホームで開催予定だった予選が免除となり、オーストラリアの対戦相手だったスロバキアもファイナル進出が決まった。

また、ベラルーシも同予選に出場予定だったが、不戦敗に。対戦相手だったベルギーの2022年大会ファイナルズ進出が決まっている。

【関連記事】テニスの統括団体、ロシアとベラルーシ選手のツアー&グランドスラム出場認めるも国名・国旗表示せず。チーム戦も不参加に

【関連記事】ロシアテニス連盟が3度目の優勝、メドベデフ「キャリアの中でも最高の数週間を過ごすことができた」[デビスカップ by Rakuten ファイナルズ]

【関連記事】ロシア連盟が5度目の優勝、サムソノワが東京五輪金メダルのベンチッチに逆転勝利で優勝を決める [ビリー・ジーン・キング・カップ・ファイナルズ]


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP