close

2022.03.24

選手情報

打った自分もビックリ!! キリオスが見せた超アングルリターンエース[マイアミ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:ゲッティ イメージズ

超アングルリターンに本人も驚きの表情

現地3月23日、「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/ATPマスターズ1000)シングルス1回戦、ワイルドカード(主催者推薦)で出場のニック・キリオス(オーストラリア/世界ランク102位)は、アドリアン・マナリノ(フランス/同61位)と対戦。7-6(3)、6-3で勝利した。その第1セットのタイブレークで、キリオスは打った自分も驚く超アングルリターンエースを披露した。

【動画】キリオスの超アングルリターンエースがこちら(2枚目の動画をチェック)

第1セット、互いにブレークを許さず。6-6となってタイブレークへ。そしてキリオスの2-1で迎えた4ポイント目で、そのプレーを披露する。左利きのマナリノは、アドサイドからファーストサーブをワイドに打っていく。それに対応したキリオスは、両手バックでクロスにリターン。ボールはネットを超えてサービスラインのはるか手前の、サイドライン際という超アングルに落ちてエースとなった。

思った以上に、良いコースに飛んでしまったのか、打ったキリオスは口をあんぐりと開けて驚きの表情に。このスーパーリターンエースに、会場からは拍手が鳴り響いた。

テニスTVがそのプレーをインスタグラムに投稿。約3時間で2.9万ものいいね!がつき、「見てきた中で最もすごいリターンだ」「ありえない!」「最高だ」「リアクションもおもしろい(笑)」といった書き込みがなされている。

いろいろな意味で、観客を驚かすプレーを見せるキリオス。今後の試合も楽しみである。

【関連記事】叩きつけたラケットがボールパーソンに直撃寸前に、キリオスが少年を見つけ出してSNSで謝罪[BNPパリバ・オープン]

【関連記事】キリオス、大声で叫ぶ観客に苦言「ただ座って、ショーを楽しめばいい。少しは敬意を払ってほしい」[BNPパリバ・オープン]

【関連記事】ナダル、大会11度目の4強! キリオスとの2時間46分の熱戦を制し、開幕19連勝[BNPパリバ・オープン]


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP