close

2022.07.08

選手情報

ハレプ、サーブ不調で決勝進出ならずも出場した芝大会すべてで4強入り「良いテニスができる証明できて自信になった」[ウィンブルドン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ハレプ、3年ぶりのグランドスラム決勝を逃すも芝シーズンに満足感「自信になった」

現地7月7日、ウィンブルドン女子シングルス準決勝が行われ、第16シードで2019年大会の女王であるシモーナ・ハレプ(ルーマニア/世界ランク18位)は、第17シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン/同23位)に3-6、3-6で敗戦。サーブの不調に反省しつつも、芝シーズンで出場したすべてでベスト4入りを果たし、「良いテニスができると証明できて自信になった」と語った。

【動画】ハレプの今大会好プレー集&準決勝マッチハイライト

この日の試合、ハレプはリバキナの強烈なサーブとストロークを崩すことができず防戦一方に。ブレークポイントをしのいで、粘ったが第1セットを3-6で失うと、第2セットも開始早々に2ポイント連続でダブルフォールトを犯し、ブレークを許す。

その後、追いついたものの、再びダブルフォールトでピンチを招いてしまい、リバキナにサービスゲームを破られ、ストレートで敗れた。

試合後、敗戦の理由を問われたハレプは、「もう少し良いサーブをすることね(笑) この3ヵ月でサーブはかなり上達してきた。でも、今日の試合はいつもの自分に戻ってしまったわ。ダブルフォールトが多く、緩すぎる。もっとうまく打てたらよかった」と、自身のサービスゲームで流れを掴めなかったとコメント。

試合を通して、ハレプは9本のダブルフォールトに加え、ファーストサーブ確率が52%でポイント獲得率がファーストサーブで69%、セカンドサーブで38%と苦しい展開となってしまった。

一方で、3大会に出場した芝大会すべてで4強入りを果たし、「この4週間はかなり良かったし、ポジティブなものを得られた。良いテニスができると証明できたから自信になった。今日は悪すぎたけど、これを受け止めて、同じように仕事をするのが楽しみ。次の週にはもっと良くなっていると思う」とも語り、収穫のある大会だったとした。


■ウィンブルドン2022 [THE CHAMPIONSHIP WIMBLEDON]
・大会日程/2022年6月27日(月)〜7月10日(日)
・開催地/イギリス・ウィンブルドン:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(時差8時間)
・賞金総額/4035万ポンド(66億6160万円)
・男女シングルス優勝賞金/200万ポンド(3億3030万円)
・サーフェス/グラス(芝)コート
・TV中継・放送予定/WOWOW、NHK

【特集】ウィンブルドン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP