close

2022.07.22

選手情報

BIG4が揃うドリームチームに! ジョコビッチがレーバーカップ参加決定「最大のライバルたちと一緒にプレーできるなんて」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ジョコビッチも出場! レーバーカップで初めてBIG4が勢揃い

9月23日から25日までイギリス・ロンドンで行われる第5回「レーバーカップ」は、22日に世界ランク7位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が出場することを発表。欧州選抜の一員として、ラファエル・ナダル(スペイン/同3位)、ロジャー・フェデラー(スイス)、アンディ・マレー(イギリス/同50位)らとともに、BIG4が初めて揃うこととなった。

【動画】2018年大会でジョコビッチがチームメイトのフェデラーに思わぬ一撃

2018年に行われた第2回以来の出場となるジョコビッチは、「9月にロンドンのO2アリーナで開催されるレーバーカップに、再び欧州選抜として参加できることを本当に楽しみにしている」とコメント。

「普段は対戦している選手とチームとしてプレーできる唯一の大会だし、ラファ、ロジャー、アンディという僕の最大のライバルたちと一緒にプレーできるなんて、このスポーツの歴史上本当にユニークな瞬間になりそうだよ」と述べている。

ジョコビッチやすでに同大会の出場が発表されているナダル、フェデラー、マレーは、21世紀のテニス界に君臨し、“BIG4”と呼ばれるほど他を寄せ付けない強さを誇ってきた。

フェデラーが2003年ウィンブルドンで初めてグランドスラム優勝を果たしてから、過去76回行われたグランドスラムのシングルスタイトルのうち、BIG4が66度(ナダルが22度、ジョコビッチが21度、フェデラーが20度、マレーが3度)も優勝。2004年2月から今年2月まで18年もの間、4人のうち誰かが世界ランク1位の座に就いていた。

欧州選抜のキャプテンを務めるビヨン・ボルグ氏は、「このスポーツのアイコンである4人が、一つのチームになることは想像もできなかったと思う。私と同じように彼らもこの瞬間の重要性を理解していて、やる気満々だ。毎年、僕らの目標は勝つこと。ラファ、ロジャー、アンディ、ノバクがチームにいるのだからチャンスはあるよ」とした。

過去4度行われた今大会において、BIG4が勢揃いするのは初めてのこと。ドリームチームとなる今大会で、どのようなプレーを見せてくれるのか楽しみだ。

なお、ジョン・マッケンロー氏がキャプテンを務める世界選抜には、すでにフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/同9位)、テイラー・フリッツ(アメリカ/同14位)、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン/同15位)ら3人の出場が発表されている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP