close

2022.08.05

選手情報

大坂なおみも出場する東レPPOに元世界1位プリシコワ、元全仏女王クレチコワが参戦

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

東レPPOにプリシコワ、クレチコワのチェコのトップランカーが出場表明

9月17日に開幕する「東レ パン パシフィック オープンテニス」(日本・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園テニスコート/WTA500/9月17日~25日)は、8月5日に元世界ランク1位で2018年大会優勝者のカロリーナ・プリシコワ(チェコ/同15位)と、昨年の全仏オープン優勝者のバルボラ・クレチコワ(チェコ/同18位)の出場を発表した。

【動画】大坂なおみ、パブリチェンコワを破って大会初優勝 2019年大会決勝ハイライト

1984年にスタートした今大会は、グランドスラム通算22度の優勝を誇るシュテフィ・グラフをはじめ、マルチナ・ヒンギス、マルチナ・ナブラチロワ、リンゼイ・ダベンポート、伊達公子さんなど女子テニスを牽引する世界のスーパースターが熱戦を繰り広げてきた大会として、日本のテニスファンを魅了してきた。

しかし、2020年、2021年大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2年連続で大会が中止に。今回は実に3年ぶりの開催となる。

すでに出場を表明している大坂なおみ(フリー/同41位)に続いて、2018年大会シングルス優勝のプリシコワ、昨年の全仏オープン女王のクレチコワも出場を表明した。

カロリーナ・プリシコワ
「今年、東レPPOに再び参加できることをとても楽しみにしています。2年間のコロナ禍を経て、WTAのベストイベントの一つに戻ってくることができ、とてもうれしいです」

バルボラ・クレチコワ
「東レPPOは、WTAカレンダーの中でも最も古く、最も認知度の高い大会のひとつで、過去のチャンピオンの多くが伝説となっています。今年、ここに戻るのが本当に楽しみです」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP