close

2022.09.06

選手情報

キリオス対カチャノフ、ルード対ベレッティーニは必見! USオープン大会9日目の見どころ

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

大会9日目、男女準々決勝がスタート!

現地9月6日、USオープン9日目、男女シングルスは準々決勝ラウンドに突入。センターコートのアーサー・アッシュ・スタジアムでは、男女各2試合が行われる。

【表】大会9日目(現地9月6日)の試合予定&男女シングルス勝ち上がり表(日本語版)

特に注目したいのは男子の準々決勝2試合。デイセッション第1試合(日本時間7日1時開始予定)で行われるのは、第5シードのキャスパー・ルード(ノルウェー/世界ランク7位)対第13シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同14位)。今年の全仏オープンで準優勝となったルードがフットワークを活かしての粘り、カウンターショットが持ち味であるのに対して、昨年のウィンブルドンで準優勝となったベレッティーニはビッグサーブとフォアハンド強打が武器。スタイルがはっきりしている両者の対決だけに、見応えある試合となりそうだ。

もう一つの男子準々決勝は、ナイトセッション第2試合で行われる第23シードのニック・キリオス(オーストラリア/同25位)対第27シードのカレン・カチャノフ(同31位)。ウィンブルドンで準優勝となったキリオスは4回戦で前回王者の第1シード、ダニール・メドベデフ(同1位)を撃破しており、調子の波に乗っている。一方、カチャノフはグランドスラムでは通算3度目、USオープンでは初となる準々決勝進出で、こちらも勢いを感じる勝ち上がり方をしている。どちらもオフェンスに長けた選手だけに、こちらもおもしろい試合となりそうだ。

そして女子準々決勝、デイセッション第2試合で行われるのは、ウィンブルドンで準優勝となった第5シードのオンス・ジャバー(チュニジア/同5位)とアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア/同46位)の対戦。テクニシャンで知られるジャバーに対して、3回戦では完全アウェイの中、セリーナ・ウイリアムズ(アメリカ/同605位)を下したトムヤノビッチは思い切りの良いショットが持ち味。どんな試合になるだろうか。

そしてナイトセッション第1試合(日本時間7日8時開始予定)では、第12シードのココ・ガウフ(アメリカ/同12位)対第17シードのキャロライン・ガルシア(フランス/同17位)が行われる。今大会、どちらもオール・ストレート勝ちで勝ち上がっているとあって、好調を維持している。果たして4強入りするのはどちらの選手となるだろうか?

ジュニアの部では日本人2選手が登場。コート6の第2試合(日本時間7日1時半開始予定)では、坂本怜(誉高)が男子シングルス2回戦に登場するほか、コート13第3試合では木下晴結(LYNX Tennis Academy)が女子ダブルス1回戦に登場する。



■USオープン2022
・大会日程/2022年8月29日(月)〜9月11日(日)
・開催地/USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター(時差13時間)
・賞金総額/6,010万ドル(81億7,390万円)
・男女シングルス優勝賞金/260万ドル(3億5,360万円)
・サーフェス/ハードコート(レイコールド)
・使用球/[男子]ウイルソン「USオープン・エキストラ・デューティ」、[女子]ウイルソン「USオープン・レギュラー・デューティ」

【特集】USオープン2022の記事はこちら


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP