close

2022.09.11

選手情報

女王シフォンテク、世界5位ジャバーを下し全米初優勝! グランドスラム通算3度目 [USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

シフォンテク、世界5位ジャバーを下し、USオープン初優勝

現地9月10日、USオープン女子シングルス決勝が行われ、第1シードのイガ・シフォンテク(ポーランド/世界ランク1位)と第5シードのオンス・ジャバー(チュニジア/同5位)が対戦。シフォンテクが6-2、7-6(5)でジャバーを下し、グランドスラム通算3度目、同大会では初優勝を果たした。

【動画】シフォンテク、素早い反応を見せたネットプレーそして際どいコースへ

今季、2000年以降では最長の37連勝を達成するなどツアー6勝を挙げている女王シフォンテクは、全仏オープンでグランドスラム2度目のタイトルを獲得。グランドスラム初優勝となった2020年全仏オープンから決勝の舞台で9連勝中。1セットも与えず勝負強さが光る。4度目の出場となった今大会は、準決勝で第6シードのアリーナ・サバレンカ(同6位)を3-6、6-1、6-4と逆転で下し、大会初の決勝に進んだ。

一方のジャバーは、今季ツアー2勝しウィンブルドンでグランドスラム初の決勝に進出し、惜しくも準優勝。今大会は、準決勝で第17シードのキャロライン・ガルシア(フランス/同17位)を6-1、6-3で下し、アフリカ人女性として初めてUSオープン決勝に進み、グランドスラム初の栄冠を目指す。

両者の対戦は過去2勝2敗とイーブン。直近の今年5月に行われたWTA1000ローマ大会決勝では6-2、6-2でシフォンテクが勝利し、優勝を飾っている。

試合は序盤から動きが硬いジャバーに対し、シフォンテクがエンジン全開。コート深くに配球しジャバーを守備に回して、攻撃的なショットで第2ゲームをラブゲームでブレークに成功し、3ゲームを連取する。

ジャバーは第4ゲームでサービスキープし、ようやく硬さが取れてくると、続く第5ゲームで4本のウィナーを奪って、ブレークバックに成功。しかし、集中力が切れないシフォンテク。第6、第8ゲームをブレークし6-2で第1セットを奪う。

続く第2セットでもリターンゲームでプレッシャーをかけ続けたシフォンテクは、ストローク戦でジャバーを押し込んで第2ゲームでブレークし、第1セット同様に先にリードを奪う。第5ゲームでジャバーにブレークバックを許したものの、第6ゲームでチャンスを握ると、2度目のブレークポイントで14本のラリーを制して、再びリードを奪って4-2とする。

この流れでシフォンテクが一気に勝負をかけに行くかと思われたが、ジャバーも引き下がらない。アグレッシブなプレーで流れを渡さず、第7ゲームでブレークバック。互いに2度ずつブレークしてイーブンとなると、4-4となった第9ゲームでジャバーに大きなチャンスが訪れる。15-40から3本のチャンスを手にしたが、ここでストロークのミスが出てしまいリードを奪うことができない。

シフォンテクがリードした6-5で迎えたジャバーのサービスゲームとなった第12ゲーム、コート深くへのショットでミスを誘ったシフォンテクがマッチポイントを手にしたが、ここはジャバーが守り切る。それでも、そのまま突入したタイブレークでは互いにサーブポイントをキープできない。5度のミニブレークに成功したシフォンテクがグランドスラム通算3度目、USオープンで初優勝を果たした。


■USオープン2022
・大会日程/2022年8月29日(月)〜9月11日(日)
・開催地/USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター(時差13時間)
・賞金総額/6,010万ドル(81億7,390万円)
・男女シングルス優勝賞金/260万ドル(3億5,360万円)
・サーフェス/ハードコート(レイコールド)
・使用球/[男子]ウイルソン「USオープン・エキストラ・デューティ」、[女子]ウイルソン「USオープン・レギュラー・デューティ」

【特集】USオープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP