close

2022.09.11

選手情報

全米初優勝のシフォンテク、セレモニーで「実はあまり期待していなかったんです」と本音を語る[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

シフォンテクがUSオープン初優勝

現地9月10日、USオープン女子シングルス準決勝、第1シードのイガ・シフォンテク(ポーランド/世界ランク1位)が第5シードのオンス・ジャバー(チュニジア/同5位)を6-2、7-6(5)で下し、グランドスラム通算3度目、同大会では初優勝。優勝セレモニーでシフォンテクは「実はあまり期待していなかったんです」「プレッシャーに負けずに優勝できたことを誇りに思います」と語った。

【動画】シフォンテク&ジャバーのスピーチを見る

セレモニーでまず準優勝のジャバーが、「イガは、簡単な相手ではありませんでした。彼女は優勝に値します。勝つか負けるかは、テニスの一部。私は、初めてWTAのタイトルを取るのに苦労しました。時間がかかりました。だから、今回も時間がかかると思います。最も重要なことは、それを受け入れること、負けた決勝から学ぶことです。間違いなく、私はあきらめるような人間ではありません。また、決勝に残れると信じています。勝つためにベストを尽くします」とシフォンテクを祝福し、次こそは優勝したいとコメント。

さらにアラブ系、アフリカ系女性として初のUSオープン決勝進出を果たしたことについて「大きなことだし、もっと頑張りたいです。グランドスラムで優勝を目指します。そして若い人も私に続いてほしいと思っています。今回、大先輩も何人も見に来てくれています。若い人に刺激を与えたいと思います」とさらに前進したいと語った。

そして、ジャバーにプレートが渡されると、今度はチャンピオンのシフォンテクにマイクが向けられる。「実はあまり期待していなかったんです。この大会の前は、とてもチャレンジングな時期でした」と切り出す。シフォンテクは前哨戦から女子使用球について不満を露わにしている。

続けて「グランドスラムに優勝することは、簡単ではありません。ローランギャロスに続いてUSオープンも優勝できました。夢のようです。多くの人に応援してもらいました。プレッシャーに負けずに優勝できたことを誇りに思います。オンス、準優勝おめでとうございます。私たちはいいライバルだと思います。これからも良い試合をやっていきましょう。いつか、あなたが優勝する日が来ると思います。あなたのチームを祝福します。サポートは、素晴らしいものだったと思います」とジャバーの健闘を讃えた。

今回の優勝は、ポーランド人選手として初という快挙。インタビュアーのメアリー・ジョー・フェルナンデスさんに、そのことについて触れられると「知りませんでした。すごいことですね。声援を送った皆さん、ありがとうございます。今は力を合わせて戦っていかなければいけない時です。私の勝利で皆さんの気持ちが一つになってくれればうれしいですし、スポーツにはそういう力があると思います。良い人間、良い模範でありたいと思っています」と語った。

そして優勝トロフィー授与へ。今回、シフォンテクは優勝賞金260万ドル(約3.7億円)を手にしている。



■USオープン2022
・大会日程/2022年8月29日(月)〜9月11日(日)
・開催地/USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター(時差13時間)
・賞金総額/6,010万ドル(81億7,390万円)
・男女シングルス優勝賞金/260万ドル(3億5,360万円)
・サーフェス/ハードコート(レイコールド)
・使用球/[男子]ウイルソン「USオープン・エキストラ・デューティ」、[女子]ウイルソン「USオープン・レギュラー・デューティ」

【特集】USオープン2022の記事はこちら


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP