close

2022.09.11

選手情報

シフォンテクがGS3勝目! 上地結衣が女子ダブルスで準優勝。大会13日目(9/10)女子シングルス決勝&車いすテニス日本人選手の試合結果[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

上地結衣が女子ダブルス準優勝!

8月29日に開幕したUSオープン。大会13日目となる現地9月10日は、女子シングルス決勝、混合ダブルス決勝、車いすテニスの男女ダブルス決勝、クアードダブルス決勝、そしてジュニアの部が行われた。

【表】USオープン2022大会女子シングルス、トーナメント表(勝ち上がり表)はこちら

女子シングルス決勝では、第1シードのイガ・シフォンテク(ポーランド/世界ランク1位)が第5シードのオンス・ジャバー(チュニジア/同5位)にストレート勝ち。シフォンテクはUSオープンで初のタイトルを獲得するとともに、グランドスラム3勝目を挙げた。一方、敗れたジャバーはウィンブルドンに続いての準優勝となった。

車いすテニスの部では、女子ダブルス決勝に第2シードの上地結衣(三井住友銀行/車いすテニス女子ダブルス同3位)/トコタツォ・モンジャニ(南アフリカ/車いすテニス女子ダブルス同6位)が登場。試合は第1シードのオランダペア、ディーデ・デグロート(車いすテニス女子ダブルス同2位)/アニーク・ファンクート(車いすテニス女子ダブルス同1位)にストレートで敗れ、準優勝となった。

また車いすテニスジュニア女子の部では、高室侑舞(荏原湘南スポーツセンター/車いすジュニア同9位)がシングルスの決勝に出場。ブラジル人選手を相手に5-7、6-2、6(5)-7と惜敗したが、今回新設された車いすテニスジュニアの部、初代準優勝者に輝いた。

大会13日目、女子シングルス決勝の試合結果、日本人選手の試合結果は以下のとおり。


〈女子シングルス決勝試合結果〉
※[ ]内の数字=シード順位

I.シフォンテク(ポーランド)[1] 6-2 7-6(5) O.ジャバー(チュニジア)[5]

〈日本人車いすテニス女子ダブルス準決勝試合結果〉
D.デグロート/A.ファンクート(ともにオランダ)[1] 6-2 6-2 上地結衣(三井住友銀行)/K.モンジャニ(南アフリカ)[2]



■USオープン2022
・大会日程/2022年8月29日(月)〜9月11日(日)
・開催地/USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター(時差13時間)
・賞金総額/6,010万ドル(81億7,390万円)
・男女シングルス優勝賞金/260万ドル(3億5,360万円)
・サーフェス/ハードコート(レイコールド)
・使用球/[男子]ウイルソン「USオープン・エキストラ・デューティ」、[女子]ウイルソン「USオープン・レギュラー・デューティ」

【特集】USオープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP