close

2022.11.21

選手情報

ジョコビッチの向上心にコーチのイバニセビッチ氏は脱帽「まだハングリー」。ツアー最終戦制覇を助けたサーブは「過小評価されてきたショット」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

6度目のツアー最終戦制覇を成し遂げたジョコビッチの活躍に「もっと良くなる」と太鼓判を押したゴラン・イバニセビッチ(写真左/Photo by Getty Images)

イバニセビッチ氏、ジョコビッチの活躍に「さらに良くなっていく」

現地11月21日、男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(イタリア・トリノ)で史上最多タイとなる6度目のタイトルを手にしたノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク5位)。コーチを務めるゴラン・イバニセビッチ氏は、その強さは「もっと良くなる」と語った。

【動画】ジョコビッチ、史上最多タイとなる6度目のツアー最終戦制覇! マッチハイライト

今年9月に引退したロジャー・フェデラー(スイス)に並ぶ史上最多6度目のツアー最終戦のトロフィーを獲得したジョコビッチ。今季、全豪オープン出場が叶わず、難しい一年のスタートを切ったものの、ウィンブルドンで21度目のグランドスラム制覇を成し遂げ、それ以降も出場したツアー大会で決勝を逃さず4度のタイトルを獲得した。

コーチを務めるイバニセビッチ氏は、ワクチン未接種のために出場できる大会を制約されたことや、ウィンブルドンのポイントが付加されなかったことなど、「ジェットコースターのような日々だった」とシーズンを振り返る。

その難しいシーズンだったにもかかわらず、35歳にしてツアー最終戦優勝できたジョコビッチの強さについて、「もっと良くなる」と太鼓判を押した。

「22歳の時よりもハードに練習しているよ。だからこそ、彼は今でも良い成績を出せているし、これからもさらに良くなっていくだろう。意欲、向上心、より良くなろうという意志は素晴らしいものがある。体を大切にしているし、私の時代では30、31歳で引退してしまう。でも、今は信じられないね。数年前のロジャー(フェデラー)、ラファ、そして彼を見てほしい。彼らは若い選手が台頭してきていると話し、信じられないような活躍をした史上最年少世界1位のカルロス(アルカラス)もいる。だが、ノバクはまだハングリーに大会を勝ち続け、素晴らしいテニスをして、すでに来季の準備について考えている。彼がそう考えている限り、心の中に競争心があり、ビッグタイトルで勝つためのライバルがいるということだろう」

また、今大会ではサービスゲームで抜群の安定感を見せたジョコビッチ。ツアーでも屈指の強さを誇る相手に対し、60度あったサービスゲームのうちブレークを許したのはわずか3ゲーム。エースが多いわけではないが、プレッシャーのかかる場面であればあるほど、ジョコビッチのサーブは精度が高くなり、相手の攻撃を許さなかった。

これについてもイバニセビッチ氏は、「彼のサーブは、すべてのキャリアを通じてとても過小評価されてきたショットだ。5年、10年前の試合を見ると、サーブが彼を助けていた。でも、今はもっと良くなっている。今週は精度も素晴らしかったし、必要な時に信じられないようなファーストサーブを放って、セカンドサーブはもっといい。みんな、他のショットも良いからサーブのことを話すのを忘れているね」と、ジョコビッチが放つ最高のショットの一つだとした。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP