close

2024.02.04

選手情報

日本が3勝1敗でレバノンを下しワールドグループ1部残留。エース西岡良仁が単複で勝利 [デビスカップ 日本対レバノン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:日本テニス協会

添田豪監督「イスラエルの敗戦の悔しさが少し晴れた」


男子国別対抗戦デビスカップのワールドグループ1部プレーオフ「日本対レバノン」(2月2日~3日/エジプト・カイロ/クレーコート)の第2日が現地3日に行われ、1勝1敗で初日を終えた日本はダブルスとシングルスで勝利を挙げて、ワールドグループ1部に残留を決めた。

【画像】全豪オープン2024で熱戦を繰り広げた日本男子選手たちの厳選写真!

昨年9月に行われたワールドグループ1部のイスラエル戦で日本は敗戦。今回、ワールドグループ1部残留をかけたプレーオフを迎えることとなった。試合は、敵地レバノンで行われる予定だったが、不安定な情勢のため中立国のエジプト・カイロでの開催となっている。

第1日ではシングルス2試合が行われ、勝敗を分け合った日本とレバノン。第2日では、まずダブルスが行われ両国ともメンバーを変更。日本はシングルスを戦った西岡良仁(ミキハウス/世界ランク84位)と綿貫陽介(SBCメディカルグループ/同113位)が組み、レバノンのハディー・ハビブ(同304位)/ベンジャミン・ハッサン(同152位)と対戦した。

第1セットは互いにブレークポイントを握り合い、2度ずつブレーク。セット終盤までもつれたが、6-5で日本ペアが3度目のブレークに成功し7-5でセットを奪取。これで勢いが出た日本は、プレッシャーを与え続けるとサービスキープが続いた第12ゲームで相手のサービスゲームを破って7-5。ストレートで白星を手にし、勝利に王手をかける。

続く試合では両国のエースが登場。西岡はハッサンからチャンスを握れないまま第1セットを1-6で落としたものの、第2セットはタイブレークで4度のミニブレークに成功。7-6(2)でセットを奪い返すと、最終セットも一度は追いつかれたが4-4でのワンチャンスを生かして6-4と、接戦の末にエース対決を制した。

日本は、ワールドグループ1部に残留。9月には2025年2月に行われるファイナル予選出場の切符をかけた戦いが待っている。

試合後、添田豪監督は「ダブルスのオーダーも選手と話して考え、(西岡)ヨシが『僕が行きます』と言ってくれた。(綿貫)陽介も(前日の敗戦から)うまく切り替えてくれていいダブルスで勝つことができた。(西岡の)シングルスも相手のNo.1のハッサン選手は強かったが、そこはヨシのこれまでの経験と強さで逆転してくれた」と、エースの自覚を持った西岡と敗戦から気持ちを立て直した綿貫を称賛。

「この何ヵ月間、ずっとイスラエルに負けて悔しい思いをしていたけど、これで少し気持ちが晴れた。次の9月に向けてリベンジしていきたい」と次の戦いに目を向けた。

試合後の選手、監督のコメントは以下の通り。

西岡良仁
「ダブルスは、(綿貫)陽介も昨日の敗戦からメンタル的に辛いところからいい形でカムバックをしていて、やる気に満ち溢れたプレーだった。それに合わせられるいいプレーを僕もできたので、2人でもぎ取ったダブルスでした。勝ち方はこだわらず、1勝を目指した試合だったのでそれが取りきれたのは大きかったと思う。シングルスに関しては、第2セット中盤まで相手が良く、ミスもほとんどなくいいプレーが続いていた。タイブレークからは経験、実力の差を見せられたかなと思う。最終セットももぎ取れたので、自分なりにも満足できるテニスだった。(9月の戦いについて)今回のメンバーを含めて、ファイナルでやったことがあるのは僕しかいない(2019年)。そこにみんなで行きたい気持ちがあるので、まずは9月に勝ってファイナル予選に上がれるように、最善の努力をしたい。(メンバーに)選ばれるように自分のランキングを上げていきたい」

綿貫陽介
「昨日の悔しさ、不甲斐なさがあって気合いを入れていけた試合だった。添田監督が(西岡)良仁くんと『2人でやってくれ』と言ってくれたことが僕にとってうれしくて、その期待を裏切らないようにダブルスをプレーした。用意してくれていた(望月)慎太郎と上杉(海斗)さんの分も頑張ろうという気持ちも大きかった。終始、どっちに転ぶかわからないゲームでしたけど良仁くんと2人で、耐えしのぐ場面ば多かった試合だったけれどなんとか勝ちを、大きな1勝をもぎ取れたと思う。つなげられてよかったし、自分にとっても今年初勝利だったのですごく良かった」

添田豪監督
「紙一重の戦いが2試合続いた。第1日が終わった段階でダブルスのオーダーも選手と話して考えて、(西岡)ヨシが『僕が行きます』と言ってくれた。そういう気持ちを持ったNo.1の選手が出ることで、相手にプレッシャーを与えられますし、チームの勢いもつくと思ったのでヨシと(綿貫)陽介でいこうと決断した。陽介もシングルスの残念だった結果をうまく切り替えてくれていいダブルスで勝つことができた。シングルスも相手のNo.1のハッサン選手は強かった。負ける寸前までいったけれど、そこはヨシのこれまでの経験と強さで逆転してくれて、この何ヵ月間ずっとイスラエルに負けて悔しい思いをしていたけど、これで少し気持ちが晴れた。次の9月に向けてリベンジしていきたい」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP