close

2020.07.11

選手情報

ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃とマレーが子供たちにサプライズ!

ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃が、アンディ・マレー(イギリス)と行ったサプライズの様子をSNSに公開した。

テニスレッスン後の子供たちとチャットで会話する機会を設けたウィンブルドン の後援者でもあるキャサリン妃は、子供たちに「ロックダウンの間、体を動かせなかったのは、大変だったよね。トレーニングを続けて頑張ってね」と言葉を投げかけると「テニスが大好きな君たちのために、すごい人がやってくるわよ(笑)」と予告。

「誰か当ててみようか? スペシャルゲストの彼は、イギリスのテニス選手。2度もオリンピックで金メダルを奪っていて、元世界一でもある。わかるかな?」
少年が<アンディー・マレー!>と答えると同時にチャット画面にマレーが登場した。続けてキャサリン妃がロックダウン中の行動をマレーに質問する。
「ロードバイクで走っていたよ。ロックダウンの中でも楽しんでやろうとしていた。そういう時でも、アクティブでいようと心がけることは大事なことだよ」と答えたマレー。続けて、今度は子供たちの質問も受け付けた。

<どうしてテニス選手になったの?>という質問に、マレーは「上手にできる数少ないことだったからだよ(笑)。それに楽しかったからね」。<プロとして続けている中で大事なことは?>という質問には「とにかく楽しむこと!」と回答。続けて、「もし君がテニスを楽しんでいるなら、もっとやりたくなるでしょ? コーチの言うことをしっかり聞こうね。君たちくらいの年齢では2つの大事なことがあるんだ。試合では、とにかく一生懸命にプレーすること、例えどんな相手でもね。勝ち負けは、大事なことではないんだ。スポーツをプレーすること、活動的であることが、何より重要なことなんだよ」と子供たちにメッセージを送った。

子供たちにとってはうれしいサプライズとなったことだろう。これらの様子は、YouTubeの「The Royal Family」チャンネル、ケンブリッジ公爵夫人キャサリン妃のInstagramで公開中だ。


写真=石塚康隆(NBP) Photos by Yasutaka Ishizuka