close

2020.07.10

選手情報

内山靖崇選手が主催大会の中止を発表「一番の要因は他でもない新型コロナ」

7月10日、2019年シーズンに自己最高ランキングとなる78位を記録した内山靖崇選手(積水化学工業)が、SNSを更新し、今年9月に開催を予定していた自身が主催する「Uchiyama Cup」(北海道・札幌市/賞金総額300万円)の中止を発表した。

内山選手は、「残念なお知らせを皆様にしなくてはいけない一番の要因は、他でもなく新型コロナウイルス感染症にあります。世界で猛威を振るうコロナ禍で一番避けなければいけないことは、北海道でコロナウイルスを蔓延させてしまうこと、Uchiyama Cupがクラスターとなってしまうこと」と中止の理由を掲載。
続けて、「トーナメントの開催にあたり、100人以上の選手関係者が北海道に集まることで、リスクが非常に高まることが懸念されます。私が愛する北海道に100%応援してもらえるかと考えた時、現時点ではその不安要素を払拭しきれない」と、故郷・北海道のことを想ってのことだと説明した。

最後に、「私の挑戦は来年も続き、Uchiyama Cupは来年に向けてまた動き出します。その際には、東京オリンピックの代表選手として、またトーナメントディレクターとして戻ってきたいと思っています。開催された際には、より力強くなったUchiyama Cupにご来場いただき、昨年のキャンセルは英断だったと言われるように、選手としても最大限の努力をしていきます」とコメント。来年、完全な形での開催を目指すとした。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=山岡邦彦 Photos by Kunihiko Yamaoka

タグ