close

2020.08.02

大会情報

ツアー再開に影響も!? パレルモ大会で陽性者発生、中国No.1選手がUSシリーズ欠場

USシリーズ欠場を発表した王薔

パレルモ大会出場選手にウイルス陽性者が…
そして中国No.1選手がUSシリーズ欠場を表明

ツアーが再開されるが8月がついにやってきた。しかし、その道のりは簡単なものではなさそうだ。WTAツアーで、新型コロナウイルスに関連する2つのニュースが舞い込んできたのだ。

8月1日、『ワシントンポスト』誌は3日から開始予定のWTA開幕戦、イタリア「パレルモ・レディース・オープン」の出場選手に、新型コロナウイルス陽性者が出たことを発表した。当然ながら大会を欠場になるというその選手(名前は非公表)は、無症状なのだという。WTAによると、そのままイタリアで治療を受けることになるとのこと。

【関連記事】苦渋の決断…ハレプが、パレルモ・オープン欠場を表明


そして、もう1人USシリーズ欠場者が出てしまった。

ランキング29位で中国のNo.1プレーヤー、王薔(ワン・チャン ※写真)が、同じく8月1日に、新型コロナウイルスのパンデミックのため、シンシナティ・マスターズ、USオープンを欠場することを発表したのだ。

ウェイボ(中国版ツイッター)で王は「この発表をすることになってしまい、とても残念です。渡航に関する規制、安全面から、私とチームは、ウエスタン&サザンオープン(シンシナティ・マスターズ)とUSオープンを欠場します。辛い決断です。大変な努力をしてきた方にお礼を言いたいです。来年、アメリカでお会いしましょう」「現在の状況で、私とトーマスコーチは活動できません。話し合った結果、今回の遠征を諦めました。彼は、私のために全てを犠牲にして、コーチングをしてくれていました。永遠に忘れません。感謝しています。トーマスと彼の家族にとって素晴らしい年でありますように」とメッセージを綴っている。

【関連記事】バーティがUSオープン欠場を発表! 「リスクが大きい」
【関連記事】衝撃…「東レPPO」初の大会中止が決定

Photo by Takeo Tanuma

タグ