close

2020.08.05

選手情報

ディミトロフ、USオープン出場は不確実「疑問点が多い」

昨年のUSオープンでベスト4入りを果たした世界ランキング19位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が、イギリスのスポーツ専門チャンネル『Sky Sports』のインタビューに応じ、USオープン出場について疑問点が多く、決断することはまだ難しいと語った。

ディミトロフは、6月下旬の「アドリア・ツアー」で新型コロナウイルスに感染。その後、回復し「UST(アルティメット・テニス・ショーダウン)」ですでに、プレーに復帰している。しかし、体調は万全からはほど遠く、「一歩ずつ進んでいきたい」と語っていた。

USオープン出場について、同インタビューでディミトロフは、「それについては毎日考えているよ。ただ、聞かなければいけない疑問点が多いのに、答えが少ないような気がする。ヨーロッパの人にとって、飛行機を乗り継いでホテルに着くという12時間の旅になる大変なことなんだ」と、解決しなければいけない問題があるとコメント。「回復してきたし、練習もたくさんしてきてエネルギーもある。すべてにおいてプラスに感じてきているが、まだクエスチョンマークが残っている」と述べ、最終決定を下すまでもう少し時間がかかるとした。

すでに、ラファエル・ナダル(スペイン)やアシュリー・バーティ(オーストラリア)らがUSオープンの欠場を発表しているが、ディミトロフは「我々、選手たちはいくつかの発表があるのを待って、決断するつもりだろう。今はとてもデリケートな時期で“行く”“行かない”とも言うことはできない。もちろん、多くの選手は渡航したいとは思わないだろう。だが、僕らは競争心があるからね」と、この時期の渡航リスクに考えを示しつつ、決断は時期尚早だとしている。

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma