close

2020.09.22

選手情報

「私はより成熟できたわ」ローマ大会優勝のハレプが告白

「非常に難しいことは
人生の中にあるということが理解できた」

ローマ大会で2013年以来の優勝を成し遂げたシモーナ・ハレプ(ルーマニア)が、WTAのWTAのポッドキャストに出演。その中で、興味深いことを語っているとEUROSPORTSが報じている。


「パンデミックがあったことで、私は夢見ていた場所に行くことができた。私はより人として成熟できたと思うし、よりリラックスできるようになった。というのは、非常に難しいことは、スポーツではなく、人生の中にあるということが理解できたから。過去と同じように、テニスをプレーできるということは大きなことだと感じる」とハレプは語る。

【関連記事】ハレプが憧れの選手を語る「あの片手バックハンドが大好き!」
【関連記事】大坂なおみが世界で最も稼ぐ女性アスリートの1位に! その額、約39億円!!


ローマ大会は初優勝。2013年大会では、セリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)に決勝で敗れている。その当時を思い出して、「あのころ、私は自分自身だったり、相手、ボール、ラケット、天気、観客、チームと、みんなと戦っていたの。だけど、今は自分により良いディレクションができる。戦わなければならないのは、対戦相手だとね」と語った。

もうすぐ全仏オープンが始まる。USオープンを欠場したものの、ハレプは、2018年の勝者であるし、ローマ大会優勝もあって当然、優勝候補と目される。そのことについては、「人々が私が本命だと思っていても、私はそうは思っていない(笑) なぜなら誰もが優勝を勝ち取りたいと心から思っているから。私は、ここでそうしたように、とにかく自分のプレーに集中するだけ。結果については、考えていないわ」と語った。

どこか達観した様子のハレプ。全仏オープンでは、どんな戦いを見せるだろうか?

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED