close

2020.09.19

選手情報

「2ヵ月間、ラケットを持たなかった」ナダルがロックダウン中を語る

ラファエル・ナダル(スペイン)は、2月アカプルコでキャリア85回目の優勝。その後、インディアンウェルズに移動して大会へというはずだったのだが、ここで新型コロナウイルスによるパンデミックが発生。ここから約5ヵ月間、大会はなくなってしまった。そのパンデミックの中、故郷マヨルカに戻ったというナダルは、なんと2ヵ月間、ラケットを握ることがなかったと告白したことを「テニスワールドUSA」が報じている。

【関連記事】ナダル、約6ヵ月ぶりの試合の出来に驚き「あんなにいいプレーができるとは」
【関連記事】<好きな相手は…勝てる相手(笑)>ナダルがビッグ3らとの対戦を語る
【関連記事】強さの秘密!? 年間172kgのフルーツを食べるナダル


「ウイルスが爆発的広がりを見せている間、2ヵ月間、ラケットを触ることはなかったんだ。その後、ハードコートとクレーコートで練習を始めたけど、結局、シンシナティとUSオープンはスキップすることにした。いつからクレーの練習をしたかは覚えていないね。とにかく久しぶりだったのは覚えているけれど。

長い休みの後だったし、ケガしないようにオンコート、オフコートでゆっくり練習を始動したんだ。ロックダウン後、いくつか体に問題はあったけど、それは当たり前なこと。ベストな体型に戻して、準備は万全だと感じる状態でコートに戻れるようにした」、そう語ったナダル。ということは…ローマ大会に出ている今は、万全だということ。復帰初戦で優勝となるか、注目したい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED