close

2020.10.02

大会情報

日比野菜緒は全仏2回戦敗退/ダブルスの日本勢は勝利! <全仏オープン5日目>

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

10月1日、全仏オープンテニス5日目が行われ、女子シングルス2回戦の日比野菜緒(ブラス)が第30シードのオンス・ジャバー(チュニジア)と対戦し、6-7(4)、4-6のストレートで敗れた。

3度目の全仏オープン挑戦で初勝利を手にした日比野は第1セット、ジャバーの力のあるストロークやドロップショットで揺さぶられ、リードを許したが、第7ゲームでブレークバック。さらに第11ゲームには、ファーストサーブの確率が落ちたジャバーのセカンドサーブを攻撃。リターンエースでブレークに成功する。ところが、サービング・フォー・ザ・セットとなった6-5で再びブレークされタイブレークに入った。
そのタイブレークでは、4-5の場面で日比野はサーブ&ボレーを選択。ボレーが甘くなり、ジャバーのパッシングショットが決まると、次のポイントも落としてセットを奪われた。



第2セットでも先にリードを許した日比野だったが、すぐさま追いつくと、2-2では5度のデュースの末に8分以上かけてキープに成功。苦手意識があるというクレーコートの戦いに慣れてきたのか、スピードボールだけでなく弾道の高いボールやスライス、ネットプレーも多用し、相手を揺さぶった。
それでも、試合が進むにつれミスも増えた日比野。第7ゲームでブレークを許し、そのままジャバーに押し切られてストレートで敗れた。試合時間は1時間30分。

グランドスラムで初の3回戦進出とはいかなかったが、「自分でもうまくやれていた。チャンスもあったので、悲観することなく、苦手意識を今以上に持つこともない」と、クレーコートでの戦いに自信をつけた日比野。また、「今日の彼女(ジャバー)との差はドロップショットの精度やバリエーション。私も自信を持って、テクニック面でもプレーできるようにこれから練習していきたい」と今後に向けた課題も語った。


柴原瑛菜

また同日、女子ダブルス1回戦も行われ、第7シードの青山修子(近藤乳業)/柴原瑛菜(橋本総業)組がベルナルダ・ペラ(アメリカ)/レタナ・ボラコワ(チェコ)組を6-0、6-1の完勝。加藤未唯(ザイマックス)/タマラ・ジダンセク(スロベニア)組はテッサ・アンドリアンジャフィトリモ(フランス)/クロエ・パケ(フランス)組に6-3、6-3で勝利し、それぞれ2回戦に進出している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP