close

2017.03.20

メーカーズボイス

世界のテニスを変えた! ルキシロンが20周年記念モデルを発表

プロツアーは、日々凌ぎを削り合う厳しい世界である。コンディション、ギアの性能やセッティング...わずかな違いが勝敗を分けることになる。だからこそ、プロはギアにもこだわるわけだ。ちなみに、プロの世界での傾向は、後に一般ユーザーのムーブメントとなることが通常だ。

ここで興味深いデータを紹介したい。ATP・WTAのトップ100選手(以下すべて2017年USオープン時の調査)のポリエステル・ストリング(ポリ)使用率はなんと100%なのだ! これはメインとクロス双方、またはどちらかに使っているということ。



つまり、プロは勝つためにポリを選んでいると言える。加えて書くとATPの100人中72人、WTAの100人中51人は、ルキシロン製のポリを使用しており、ATPのトップ10に限ると契約するミロス・ラオニッチ、錦織圭、ガエル・モンフィスを含む"7選手"が「ルキシロンのポリ」を使用している(とりわけトップ5では4名が使用!!)。トップ10の内、契約選手以外の3名は、購入してまでルキシロンを使っている。つまり、プロの世界では、「ポリといったらルキシロン」が常識ということである。

なぜ、これほど圧倒的な人気なのか?
"ポリ元年"と言ってもいいのが、ちょうど20年前の1997年。この年、全仏でノーシードから優勝を果たしたグスタボ・クエルテン(00年、01年も全仏制覇)が、ルキシロンを使用していたことがきっかけである。彼が得意としたのが"ルキシロン・ショット"と呼ばれる「回り込みフォアの逆クロス・ショートアングル」。



この位置に打つためには、回転を多くし、スピードを落とすのが普通。ところが、クエルテンのそれはスピードを保ったままコートにグインと落ちてエースを量産した。他のストリングでは、不可能な軌道がルキシロンなら実現できる。プロが選ぶのも当然の成り行きだ。一連のことは当時、アメリカの『TIME』誌でも伝えられ、話題となった。その記事には、「プロ選手たちが『ルキシロン・ショット』という言葉を使っている」「あるコーチは、ルキシロンによって、テニスは直線的軌道から放物線的軌道の時代に突入した、と言っている」と紹介されている。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録