close

2020.11.01

大会情報

【全日本選手権女子決勝】ノーシードの秋田が初優勝! 12ゲーム連取で日比野を下す

11月1日、「三菱 全日本テニス選手権95th」(10月28日~11月1日/東京・有明)の女子シングルス決勝が行われ、前年準優勝の秋田史帆(橋本総業HD)が第1シードの日比野菜緒(ブラス)を5-7、6-0、6-0で下して、3度目の決勝で初優勝を果たした。

Click!女子決勝の写真をチェック!!


<関連情報>女子決勝は日比野、秋田の同郷対決に!<全日本テニス選手権3日目>
<関連情報>山﨑純平が清水悠太を破り、昨年の雪辱晴らす! 中川直樹がケガから進化し4強入り<全日本テニス選手権3日目>


第2セットから12ゲーム連取で、全日本選手権初優勝を果たした秋田


第1セットは、長いラリーが続き、互いにキープが続く展開に。それが崩れたのが5-6で迎えた秋田のサービスゲーム。15-40とブレークポイントを迎えた秋田が放ったフォアハンドのダウン・ザ・ラインがサイドアウトとなり、7-5、日比野が第1セットを奪った。

このまま日比野の流れに?と思われたが、第2セットから予想外の展開となる。

「相手は素晴らしい選手。グランドスラムの本戦で勝利するくらいのつもりでやろうとコーチと話していた。しかし、第1セットは日比野選手に素晴らしいプレーが多く、自分のいいところが出せなかった。セカンドセットに入る前に、<簡単なミスをしないこと><打つボールをしっかり判断すること>と意識した」という秋田。第1ゲーム、ブレークチャンスを迎えるとフォアハンドで逆クロスにエース。幸先よくブレークに成功する。


体が緊張していたと語った日比野。3セット終盤まで、いいプレーが出せなかったと言う

第1セット、調子は悪くなさそうに見えた日比野だったが、「本当に堅かった…。緊張していないつもりだったけど、体は正直だなと。思うようなプレーができなかった」と語るように、ラリー戦では先にミスがでてしまう展開に。逆に、しっかりボールを見て、踏み込んで打っていく秋田のボールが日比野のポジションを下げていく。第2セットは、秋田が6-0で奪取する。

そして勝負の第3セットに突入するが、日比野の調子が戻らない。第2セットを思わせるように、第1ゲーム、第3ゲーム…と秋田が次々とブレークに成功する。なんと第3セットも6-0。12ゲーム連取という逆転勝利で、初となる全日本選手権のタイトルを奪取した。


同郷出身で同じクラブ、互いに特別な感情を持つ決勝だった


表彰式、同郷出身で同じクラブで育ったという日比野は、「史帆ちゃん、泣きそうです。小さい頃からずっと憧れていて、本当にこの決勝で一緒に戦えたことを本当にうれしく思います。やっぱり先輩は強かったです。次は勝てるように一緒に練習します」とスピーチ。

優勝した秋田は「私にとって、菜緒とこの全日本の決勝で戦えたことが本当にうれしいです。この大会に出てくれてありがとう。本当に選手全員が菜緒と戦いたいという一心で決勝まで頑張りますと言うくらいでした。日比野選手が出てくれたから、この全日本は価値が上がったと思っています。彼女は私のことをすごく憧れていると言ってくるのですが、私にとって(菜緒は)世界で活躍する尊敬する選手の一人です。決勝でせっかく戦えたので、WTAやグランドスラムで戦えるように頑張ります」と応えている。


その後、オンラインで行われた記者会見では「結果論ではありますが、前回優勝できなかった理由はこれ(今回優勝できるから)だったのかなと思っちゃうくらい、たとえ準優勝になったとしても、彼女(日比野)とできたのが特別でした。一人の選手が大会の価値を上げてくれた。それくらい特別だった」と改めて日比野への賛辞を送っている。

3度目の決勝進出で初の優勝、終始、攻撃的で安定感もあった秋田のプレーは、まさに優勝に値するものだった。



続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真:松村健人 Photos by Takehito Matsumura/NBP