close

2020.11.03

大会情報

全豪に追い風。豪州で5ヶ月ぶりとなる新型コロナウイルス新規陽性者ゼロを記録!

11月2日、オーストラリア政府は、10月30日(金)8:00〜31日(土)8:00の間、新型コロナウイルスの新規感染者がゼロだったことを報告した。新規感染者数がゼロとなったのは、約5ヵ月ぶり。

また、全豪オープンが開催されるメルボルンがあるビクトリア州では、2日連続で新規感染者が出なかったことが報告されている。同2日時点でオーストラリア全体の合計患者数は27,602人、死者合計907人を記録。その内、感染者数約2万人、死者819人と集中していたビクトリア州での患者数ゼロは大きな意味を持つ。
ちなみにオーストラリアとしては、8月5日をピークに患者数は減少してきている。長いロックアウト、特に都市部での厳しい規制が実った形だ。


<関連記事>2021年の全豪は予定通り開催か 主催者「開催地、スケジュールを変えるつもりない」

8月時点で、テニス・オーストラリア(協会)のCEO、クレイグ・タイリー氏は「観客については、最低でも50%の約40万人を迎える目標を立てている」と計画を語っていた。国境閉鎖は2021年後半まで続く憶測もあり(現状では1週間の海外からの入国者を6,000人に制限している)、海外から多くの観客は見込めないが、観客を入れての開催に一歩進んだと言えそうだ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=テニスクラシック