close

2020.11.12

選手情報

最多6度の年間1位同士、ジョコビッチとサンプラスが互いの欲しい技術を熱望!

3人のレジェンドによる鼎談
互いに欲しいテクニックとは!?

11月9日、ATP公式サイトは6度目の年間ランキング1位に輝いた世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と、記録に並ばれたレジェンド、ピート・サンプラス(アメリカ)氏、そしてホスト役としてティム・ヘンマン(イギリス)氏のビデオチャットを公開。互いのプレーの中でほしいテクニックや年間1位に立つことの難しさについて語った。

【関連記事】ノバク・ジョコビッチ「6度目の年間最終ランキング1位決定で最多タイに」
【関連記事】ジョコビッチが2度のグランドスラム敗戦を後悔も「人生で一番のテニスしている」

まずヘンマンが“もしノバクのプレーの中で一つ手に入れるとしたら?”と言う質問。

これにサンプラスはジョコビッチの武器の一つを迷わずピックアップ。「僕はあのリターンが欲しいよ。リターンをくれ! みんな僕に今日(試合をやったら)誰に苦戦するか聞いてくるんだけど、リターンのいいノバクだろうね」と語った。
それに対して、ジョコビッチは「僕のリターンとスピードを彼(サンプラス)のサーブとボレーを交換しても構わないよ」とサンプラスの象徴と言えるテクニックを熱望した。

今シーズン、全豪オープンを制しUSオープンまで無敗を続けて素晴らしいシーズンを過ごしたジョコビッチ。サンプラスが持つ記録に並んだことに、「僕のゲーム(プレー)と彼のゲームは全く違うからピートの真似をしたとは言えないが、彼のプレッシャーへの対処法やベストを尽くしたプレーが大好きなんだ」とコメント。
これに対して1993年から1998年にかけて、6年連続年間1位を獲得したサンプラスは、「精神的にも大変なことになったりもした。ノバクが理解しているように、何年も1位に居続けることはとても難しいことなんだ」とテニス界の頂点で戦うストレスや緊張感を共感した。

11月15日から始まるツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」では、サンプラスと並び5度の優勝を果たしているジョコビッチ。憧れのレジェンドを抜き、フェデラーが持つ最多タイの6度目の頂点に立てるのか楽しみだ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED