close

2020.11.12

選手情報

フェデラー「私には もう少し時間が残っている気がしている」

私はGSを20回も
優勝するほどの成功を
目指してはいなかった

アメリカの「Tennis.com」が、ロジャー・フェデラー(スイス)のインタビューを実施した。その中で、フェデラーは”20回もグランドスラム優勝を果たしたり、世界No.1になったりすることは夢見たこともなかった”と興味深い言葉を発している。

Click!フェデラーmini写真館

【関連記事】戦友・バグダティスがフェデラー、ナダル、ジョコビッチの凄さを語る
【関連記事】【フェデラーは順調!!】リュビチッチコーチが明らかに
【関連記事】ロジャー・フェデラー「足を投げ出してゆっくりスポーツを見るのがいいんだ(笑)」


「実際、なぜ私が成功を収められたのか、正確にはわからない。私は、グランドスラムを20回も優勝するほどの成功を目指してはいなかったし、世界一を目指してもいなかった。スイスで、これほど大きな夢を見てはいなかった。もちろん、それは簡単にできることではない。自分がやっていることに情熱を注ぐこと。それをやり、信じ続けること。星に手を伸ばすかのように。常に前向きで、適切な人々に囲まれていた。いつでも心と体を、最善の努力でコントロールすることができたから」、そう語ったというフェデラー。

2021年1月、全豪オープンに出場する予定のフェデラー。事あるごとに”まだできるのか?”という質問を何度もされるので「怒っているよ(笑)」と冗談を挟んだあと、「私には、もう少し時間が残っている気がしている。もしかしたら、そうでないかもしれない。ただ今は、絶対にゲームから自分がかけ離れているということはない」と語ったという。

ある意味、自信ととも取れる発言。全豪でのプレーが、楽しみだ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

関連する記事RELATED