close

2020.11.20

選手情報

大坂なおみを指導するフィセッテ氏がWTAコーチ・オブ・ザ・イヤーにノミネート!

今年のWTAツアーを彩った
名伯楽がノミネート!

11月19日、WTAはコーチ・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた3名のコーチを発表。世界ランキング3位の大坂なおみ(日清食品)のコーチであるウィム・フィセッテ氏が選出された。

【関連記事】大坂なおみの新作ロゴがプリントされたナイキのアパレルコレクションが11月16日発売!

フィセッテ氏は、元世界1位のキム・クリスターズ(ベルギー)のコーチとしてキャリアをスタート。その後、シモーナ・ハレプ(ルーマニア)やビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)、アンゲリーク・ケルバー(ドイツ)ら歴代世界No.1を指導してきた経験を持つ。
2019年12月には、大坂のコーチに就任。今年8月の「ウエスタン&サザン・オープン」準優勝やUSオープンでのグランドスラム3勝目などの活躍に貢献した。


また、その他ノミネートされたのは、全仏オープンでノーシードからグランドスラム初優勝を手にしたイガ・シフォンテク(ポーランド)を指導するピョートル・シエルズプトフスキー氏。そして、今季ツアー初優勝を果たし、USオープンでベスト4入りするなど世界ランキング56位からキャリアハイ24位へ成長を遂げたジェニファー・ブレイディ(アメリカ)のコーチ、マイケル・ゲザラー氏が選出された。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma