close

2020.12.08

選手情報

フェデラー「テニスから学んだことは何百万とある。とても感謝しているよ」

フェデラーが語る
テニスから学んだこと

ロジャー・フェデラー(スイス)が、フランスのポッドキャスト番組「Podcourts」に出演。テニスから学んだことについて語った。

「そうだね。まずは予想することについて学んだと思う。テニスコートでは、我々は常に予想をしている。時々、それは人生においても同じだと考えるんだ。我々は同じようなステップを踏むわけではない。常に多くの予想をし、備えようとする。テニスでも同様に、選手たちはテニスコートにおいて、大小さまざまな決断をしなければならない」

フェデラー関連のニュースはこちら

「ビジネスにおいても、同様に多くの決断が必要。私は誰と戦いたいか、どの大会でプレーすべきか? 我々はそんな決断をしている。スポンサーやプレスからのリクエストに応えるか否か。それが何であれば、そこで多くのことを学んだことは確かだ。そして、忍耐力を持って戦うことができるようになると、ケガと戦い、カムバックするための厳しい瞬間を克服することができる。テニスから学んだことは何百万とある。とても感謝しているよ」

テニスと人生は相通ずるものがあると語ったフェデラー。テニスから学んだこととは、どんなことなのか? それについても教えてほしい、と思ってしまうインタビューである。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

Photo by Kunihiko Yamaoka/NBP