close

2020.12.08

選手情報

ATPが今シーズンの最終ランキングを発表 若手の台頭が著しい結果に

2009年以来となる
24歳以下がトップ10に5人!

12月7日、ATPは2020年の最終ATPランキングを発表。約6ヵ月のツアー中断期間がありながら、トップ10に新たに2人がランクインしたほか、さまざまが記録が生まれたことを掲載した。

【関連記事】ナダル、ティエムら2020年ATPアワードのノミネート選手が発表

まず、最後まで熾烈な争いが行われた年間ランキングではノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、ピート・サンプラス氏に並ぶ6度目の最終ランキング1位を獲得した。最後までジョコビッチを追いかけたラファエル・ナダル(スペイン)だったが、惜しくも7度目の2位に終わった。

トップ10には2人の若手が登場。8位にはツアー5勝を挙げたアンドレイ・ルブレフ(ロシア)、そして9位にディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)が入った。
若手の活躍が著しい今シーズンだったが、トップ10には、なんと24歳以下の選手が5人もランクイン。ツアー最終戦で優勝を果たしたダニール・メドベデフ(ロシア)を筆頭に、ステファノス・チチパス(ギリシャ)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ルブレフ、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が名を連ねた。

この5人という数は2009年以来のことで、ナダルやジョコビッチ、アンディ・マレー、ファン・マルティン・デルポトロ、ジョー・ウィルフリード・ツォンガら、これまでテニス界を牽引してきた選手ばかり。
今年ランクインした若手が、数年後にはテニス界の中心にいることは間違いないだろう。

また、来年の復帰へ向けリハビリを行っているロジャー・フェデラー(スイス)が、100位以内に入った最年長プレーヤーとなった(39歳3ヵ月)。

新型コロナウイルスがあり、選手やファンにとって大きな変化があった今シーズン。来年はどのようなプレー、記録を目にすることができるだろうか。

※ATPランキングができた1973年以来、初めてとなるロシア人3人がトップ20に入った。

※世界ランキング25位のジョン・イズナーが11年連続でトップ25入りを果たし、8回目となるアメリカ人トップランカーとなった。なお、アメリカ人がトップ20に入らなかったのは初めてのこと。

※最終ランキングトップ30に24歳以下の選手が14人入り、2006年の16人以来、最多。

※ヴァセック・ポスピシル(カナダ)は、2019年末の150位から61位へと、トップ100の中で最大のジャンプアップを果たした。

※2年連続でトップ100にランクインしたヤニック・シナー(イタリア)が最年少19歳。昨年のトップ100入り(763位から78位へ)を果たしたシナーは、初のトップ50入り。

※トップ100には、全体で37ヵ国の選手がランクイン(昨年は36ヵ国)。

※国別では、フランスが11人でトップ。次いでスペインが10人、アメリカが9人、イタリアが8人。50位以内ではフランスが5人、イタリア、セルビア、スペイン、アメリカが4人で続いている。

※ダブルスチームランキングでは、マテ・パビッチ(クロアチア)とブルーノ・ソアレス(ブラジル)が年間1位に。パビッチは2018年に、ソアレスは2016年に1位となっている。

※デニス・シャポバロフ(カナダ)が、シングルス、ダブルスの両方でトップ50に入った唯一の選手。シングルス12位、ダブルス49位。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP