close

2016.07.20

大会情報

ウィンブルドン2016 REPORT

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存



ミロシュ・ラオニッチ
レジェンドをコーチに加え有言実行の決勝進出!

「彼はウィンブルドンで勝てるチャンスがある5、6人の内の1人」
 そう語ったのは、全仏から5週間という約束で、ラオニッチのコーチになったJ.マッケンローの言葉である。ツアー屈指のサーブ力に加えて、ネットプレーも成長しつつあるラオニッチは、全豪でベスト4、全仏はベスト16と結果を残している。前哨戦のロンドン/クィーンズ大会でも準優勝。「このサーフェスでは、やりたいことができる。自身の成長も感じる。ウィンブルドンでは決勝を狙いたい」と語り、オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブに乗り込んだ。



タイブレークもあったが3回戦まではストレート勝ち。次戦、D.ゴフィン(ベルギー)との4回戦は先にセットを連取される苦境に陥ったが、そこから挽回して勝利。 続く準々決勝でN.ジョコビッチ(セルビア)を倒したS.クエリー(アメリカ)を退けると準決勝では、R.フェデラー(スイス)を対戦する。ウィンブルドンでのベストリザルトは2014年のベスト4。この時、同じく準決勝でストレート負けした相手がフェデラーだった。
ウイルソンラケット対決となった準決勝は、今大会のベストマッチと言っても良いほど白熱した展開になる。共に2セットずつ奪った第5セット、ラオニッチは先にブレークに成功して6-3と2年前のリベンジを成し遂げた。有言実行、決勝進出に進んでA.マレーと戦うことになった。



カナダ人初のグランドスラマーになるか、注目された決勝だが、試合開始からラオニッチの動きは明らかに硬かった。武器のサーブも、この日はいま一つで、マレーの守備を切り崩すことはできず。ストレート負けという結果になってしまった。
惜しくも準優勝。それでも、「準決勝からステップアップできたし、2セットダウンからも勝利できた。ガッツも見せることができたし、情熱も見せることができた。次につながると思う」と前を向いたラオニッチ。次のグランドスラム、USオープンでの期待は高まるばかりだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP