close

2020.12.18

メーカーズボイス

ヨネックスが国際大会公認球からレジャー用のテニスボール4モデルを2021年1月下旬より発売!

ヨネックスは、2021年1月下旬よりテニスボールの販売に力を入れるべく、国際テニス連盟(ITF)公認球の「TOUR PLATINUM」(ツアープラチナム)、「TOUR」(ツアー)、「CHAMPIONSHIP」(チャンピオンシップ)および練習・レジャー用ボール「NP」(エヌピー)を全国の大型量販店やスポーツ用品店等で発売する。

【関連記事】ヨネックス「新Vコア」、2020年1月下旬世界同時発売を発表!

「ツアープラチナム」は、ITF および財団法人日本テニス協会(JTA)が大会球として公認するヨネックス最上位モデルのボール。トップグレードのウーブンフェルトと安定したリバウンド性能を発揮するコアゴムを採用し、柔らかい打球感と高いコントロール性能を両立し、国際大会等でも採用予定だという。

中間グレードでウーブンフェルトを使用した「ツアー」もITF公認球。すでに柔らかい打球感と安定した飛びが支持され、全国のテニススクールの練習球として採用されている。また、「チャンピオンシップ」はニードルフェルトを使用し、耐久性が高く、軽快な打球感が特徴となっている。

これらITF公認ボールの3モデルに加え、入門者向けの練習用・レジャー用ノンプレッシャーボール「エヌピー」も発売。国際大会でも使用できる公認球から練習球まで幅広いラインナップとなっている。

同社アドバイザリースタッフであるデビスカップ日本代表監督の岩淵聡氏、元プロテニスプレーヤーでTeam YUKA代表の吉田友佳氏のコメントは以下のとおり。

岩淵 聡(デビスカップ日本代表監督)
世界で戦う選手が求めることは、第一に自分が打ったボールが狙ったところに正確にコントロールできるかという点だと思います。そのためにはボールの質の高さが求められます。ヨネックスのボールにはその質の高さがあり、安定性、反発性、耐久性に優れ、プロの選手も納得のボールになっています。

吉田友佳(元プロテニスプレーヤー、Team YUKA代表)
Team YUKAで世界を目指す選手とともにヨネックスのテニスボールを日々使用しています。テニスはボールを捕らえる感覚がとても大切な競技です。今回のヨネックスの3機種(ツアープラチナム、ツアー、チャンピオンシップ)はともにITFの公認を受けている世界基準のボールで、低年齢からプロの選手までしっかりボールを捕らえる感覚を感じられます。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP