close

2020.12.24

選手情報

西岡良仁がATPツアーのある分野で1位に! [2020年ATPスタッツ]

スタッツを見れば選手の
プレースタイルがわかる!?

今年は新型コロナウイルスが世界中で蔓延。その影響はテニス界にも及び、3月から約6ヵ月もの間、ツアーが中断となり、残念ながらウィンブルドンも中止となってしまった。その後、なんとか8月下旬にツアー再開となり、グランドスラムも3大会が行われたものの、無観客あるいは人数を制限しながら開催という形になった。

【関連記事】2020年1試合あたり賞金ランキング(TOP10対象)1位はティエムで約1,843万円!!

そこで今回、例年より大会数が少ないものの過去52週に行われた試合で導き出されるATPが算出しているサーブの記録について見ていきたい。

まず、見ていきたいのが1試合あたりのダブルフォールトの数。相手にリターンで攻めさせないだけでなく、。安定性が求められる。
その1位となったのは、なんと日本の西岡良仁(ミキハウス)。昨年も2位だったが、今シーズンは26試合を戦い1試合平均1.4本の少なさだ。以下、2位にミカエル・ククシュキン(カザフスタン)、3位にフィリップ・クライノビッチ(セルビア)、4位にパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン)、5位にフィリップ・コールシュレイバー(ドイツ)だった。一方、最多ダブルフォールト数は、アレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)の平均7.1本が1位。2位以下には、ブノワ・ペール(フランス)、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、ニコロズ・バシラシビリ(ジョージア)、デニス・シャポバロフ(カナダ)が続いている。




続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma