close

2020.12.23

選手情報

「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」にローレウスが活動資金を提供

“女の子の人生をより良いものに”
大坂なおみが次世代の女の子をサポート

「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」(以下プレー・アカデミー)は、三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下MUFG)がグローバルパートナーを務めるローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団(以下ローレウス)より活動資金の提供を受けることが決まった。

【関連記事】大坂なおみが世界に影響を与えた5人のアスリートに選出

プレー・アカデミーは、世界ランキング3位の大坂なおみやナイキ、ローレウスが連携し、今年8月に設立。遊びとスポーツを通じて女の子の人生を良いものに変えることを目的とするプログラムだ。

スポーツをしている女の子は、健康かつ学校、キャリア、地域社会への適応能力に加え、自己意識が高く、前向きな対処スキルや高い目標設定などを備えていることがわかっている。しかし、世界中で女の子を取り巻くスポーツ環境や生活環境にはさまざまな課題があり、東京も15歳までにスポーツを止めてしまう女の子の割合が世界で最も高い都市の一つ。その割合は男の子の2倍以上にも上るという。本プログラムでは、ジェンダーインクルーシブに関する研修を受けたコーチとともに、スポーツを通じて楽しく前向きな遊びの体験を提供し、女の子たちが次世代のロールモデルになれるようサポートしていくとした。

今回、MUFGがプレー・アカデミーに賛同することで本プログラムの認知および活動の拡大。また、大坂なおみと複数のブランドパートナーが連携することで、スポーツ界における女性の支援につながり、ジェンダーインクルージョンに光を当てることにも貢献するとしている。

大坂なおみからのコメントも発表されている。

■大坂なおみ
ローレウスのグローバルパートナーであるMUFGより、プレーアカデミーをサポートいただけること、心より感謝いたします。今後、ナイキやマスターカード、その他のパートナー企業と協力することで、若い女性や女の子たちを支援し、彼女たちにポジティブな影響を与えることが可能になります。社会、特に社会的排除を受けている地域で育った女の子たちにとって、今日のスポーツはこれまで以上に重要な存在となりました。プレー・アカデミーを通じて、より多くの女の子がスポーツを続けられるようサポートし、自信と自尊心、そしてリーダーシップのスキルを身につけて、彼女たちが人生のさまざまな局面において活躍できるよう支援していけることを誇りに思います。

■エドウィン・モーゼス/ローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団 チェアマン
大坂なおみ選手がプレー・アカデミーを創設したことは、世界トップレベルのアスリートが、単にロールモデルとして活動するだけでなく、その発信力や影響力を利用して社会課題を浮き彫りにし、若者の生活にいかに大きな変化をもたらすことができるかを示しています。MUFG、ナイキ、その他のパートナーがプレー・アカデミーに参画したことは、世界中の多くの若者に利益をもたらす素晴らしいチームワークの一例となりました。大坂なおみ選手がテニスコート上だけでなく、コート外でも世の中にインスピレーションを与える役割を担っていることを応援し、そして感謝しています。 

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP