close

2021.01.29

選手情報

大坂なおみ「こんなに観客がいてくれるとは!」、エキジビションマッチ「A Day at the Drive」開催

(写真は全豪オープン2020時のもの)

約4,000人の観客の前で
エキジビションを開催


1月29日、ほぼ満員の約4000人というファンで埋め尽くされたオーストラリア・アデレードのメモリアル・ドライブ・テニスクラブでエキジビションマッチ「A Day at the Drive」、デイセッションが開催された。

第1試合はノバク・ジョコビッチ(セルビア)とヤニック・シナー(イタリア)が対戦するはずだったが、ケガ(右手のマメ)のため、ジョコビッチの欠場が発表される。代わりに同胞のフィリップ・クライノビッチが出場することになった。第1セット、そのクライノビッチが、6-4でシナーからセットを奪う。ここでジョコビッチがコートに登場。欠場するはずだったが、第2セット目はプレー。結局、そのセットを6-4で奪い、セルビアコンビがシナーをストレートで下した。
試合後、ジョコビッチは「ほぼ満員のスタンドを見て、コートに出たいと思ったんだ。プレーしたかった」と第2セットから出場した理由を告白。「会場に来て、私たちの日、年を作ってくれてありがとう。このスポーツに対するみんなの愛と情熱に感謝しています」とスピーチした。




セリーナ「ここにいられることがとても幸せ」
大坂「こんなに観客がいてくれるとは!」

デイセッション第2試合は、大坂なおみ(日清食品)とセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)の対戦。エキジビションらしく、互いに見せ場を作った試合は、6-2、2-6、10-7でセリーナの勝利。試合後、セリーナは「実は、もう1年以上、観客の前でプレーしていない。だからこそ、今日は本当にクールな瞬間になった。私たちを歓迎してくれて、信頼してくれたことは素晴らしいことでした。ここにいられることがとても幸せだし、価値があることです」とスピーチ。すると、大坂は「こんなに観客がいてくれるとは! もうずっと見ていないように感じます」と語り、会場を盛り上げた。

【写真】もうすぐ全豪! 大坂なおみの活躍に期待


日本時間17時から始まるナイトセッションでは、ラファエル・ナダル(スペイン)対ドミニク・ティエム(オーストリア)、アシュリー・バーティ(オーストラリア)対シモナ・ハレプ(ルーマニア)の試合が行われる。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP