close

2021.02.19

大会情報

19連勝中のメドべデフとナダルを倒したチチパスが対決!! 全豪12日目の注目ポイント

対戦成績は5勝1敗でメドべデフがリード

全豪オープン12日目、デイセッションでは男子ダブルス準決勝、女子ダブルス準決勝、ミックスダブルス準決勝が行われる。そして夜、ナイトセッション(日本時間17時半以降開始)で相見えるのが第4シードのダニール・メドベデフ(ロシア)と第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)である。


【画像】全豪オープン12目のオーダー・オブ・プレイ(試合予定表)


対戦成績は、メドベデフが5勝1敗とリード。チチパスの1勝は、最後の対戦である2019年Nitto ATPファイナルズでのもの。

メドベデフは、今大会、1回戦のヴァセック・ポスピシル(カナダ)、2回戦のロベルト・カバレス・バエナ(スペイン)、4回戦のマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)、準々決勝のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)と4試合でストレート勝ち。しかし3回戦では、第28シードのフィリップ・クライノビッチ(セルビア)に、2セットを先取してからフルセットとなる不安も見せている。
一方、チチパスはタナシ・コッキナキス(オーストラリア)との2回戦、ラファエル・ナダル(スペイン)との準々決勝でフルセット勝ち。特にナダルとの試合は2セットダウンからという勝利。その第5セットは、まさにゾーン状態と呼ばれるスーパープレーの連続だった。





次世代vs.次世代を制して決勝に進むのは、どちらか!?

昨年から続く連勝を19にまで伸ばしているメドベデフは、「勢いと自信が、大事な部分になっている。ここまで勢いを維持できたことが本当にうれしい。あと2試合続けたい」と語ると、チチパスについて「2年前を考えると、肉体が進化している。フルセットの戦いでもプレーが悪くならない。驚くほど素晴らしい選手だ」と語っている。

一方、チチパスは「メドベデフとの戦いは、難しいタスクだ。彼はコンディションがよく、プレーがよく、正確でシンプルなテニスを展開している。過去に退屈なプレーをすると言ったかもしれませんが、今はまったく違う。すごくクレバーで、技術で相手を凌駕している。注意深く戦いながら、チャンスが来たら、一気に押していかなければならないだろう」と語っている。

今大会、メドベデフが唯一攻めあぐねたのが3回戦の第3セットと第4セット。両セットではクライノビッチが、開き直って超攻撃的なプレーを連続していた。そのプレーぶりは、ナダル戦の後半に見せたチチパスのプレーと重なるもの。チチパスが、それくらい思い切ったプレーができるかが勝負のカギとなりそうだ。
次世代vs.次世代、どちらがノバク・ジョコビッチ(セルビア)への挑戦権を手にするのか!?

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

関連する記事RELATED