close

2021.03.23

選手情報

錦織圭、通算64度出場のATPマスターズ1000大会の思い出を語る


Q.ATPマスターズ1000で最もタフな試合は?

「2014年のマドリード決勝、ラファ(ナダル)との試合かな。いいことも悪いこともありましたね。僕は自分の最高のテニスをしました。最高のスタートを切ることができて、目を閉じて、すべてを打ち込み、それが入ったんだ。第2セットの後、足に違和感を感じ始め、動けなくなってしまって、残念ながら、リタイアせざるを得なくなった。いい思い出ですが、ラファに勝つチャンスが少しあっただけに悲しい気持ちになりました」

Q.ATPマスターズ1000での夢の対戦相手は?

「ロジャー(フェデラー)と対戦したいですね。彼は僕のアイドルだから。彼と対戦するのはとても楽しく、あと何回か対戦出来れば最高。楽しいし、多くの経験を得ることができる。彼はきっとあと2、3年はプレーするでしょうし。引退する前にあと2、3回は対戦したいですね。決勝であれば最高です」

Q.ATPマスターズ1000を見た中で最も素晴らしい試合は?

「生で見たわけではないですけど、(2005年の)ローマ大会でのラファ(ナダル)とG.コリアの5セットの試合(5時間14分の激闘の末にナダルが勝利)。よく覚えているし、今でも時々見ています。あれはとても素晴らしい試合でした」

Q.ATPマスターズ1000のお気に入りのコートは?

「やはりインディアンウェルズですね。世界でも有数の施設で、センターコートだけでなく、コート1も大きいし、コート2もかなり大きい。インディアンウェルズを選ぶよ。僕はコート1が好きで、あそこではたくさん試合をしましたね」

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP