close

2021.03.28

選手情報

<一問一答>錦織圭がタフなコンディションの中、激闘制し3回戦進出! 次戦2ヵ月ぶりのトップ10との対戦に「自分の実力を試せる」

錦織圭、3年ぶりのマイアミOP3回戦進出

3月27日、「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/ATP1000)シングルス2回戦、世界ランキング39位の錦織圭(日清食品)は、同59位のアルヤズ・ベデネ(スロベニア)を7-6(6)、5-7、6-4で下し、3回戦進出を果たした。

【動画】錦織圭が2時間50分の激闘制す! 2回戦ハイライト

同大会11回目の出場を果たした錦織の初戦の相手は、「ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権」(アラブ首長国連邦・ドバイ/ATP500)の3回戦でも対戦したベデネ。第1、2セットとも追いかける展開だった錦織だが、ファイナルセットで先にリードを奪い、これを守り切り、2時間50分の試合を制した。

試合後の会見では、「接戦でタフな試合だった」と口にしたが、勝負所のファイナルセットで「サービスゲームを簡単にキープすることができて、プレッシャーかけれた」と要所を締めることができたとコメント。次戦の世界5位、チチパスとの戦いについては、「自信はある。楽しみだし、今の自分の実力を試せる場にもなる」と語った。

以下、会見での錦織の一問一答である。

Q.試合と通して一進一退の攻防だった。勝ち切れた要因は?

「今日はかなり接戦でタフな試合でしたね。久しぶりにここまでどっちが勝ってもおかしくないというか、1セット目も4-5で相手のサーブでしたし、タイブレークでもオンラインで助けられたり際どい試合だった。ファイナルセットはサーブが良くなったおかげで、リターンゲームにも余裕ができて、リターンの場所を変えたり、風上の時にテンポを変えて重い球を打ってみたりというのが徐々に効いてきたのかなと思う。ファイナルは自分の方にチャンスはあったので、リターンゲームも。サービスゲームも簡単にキープすることができて、プレッシャーかかっていたと思いますね。ファイナルは唯一良かったかなと思います」

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP