close

2021.04.25

テクニック

これだけは知っておきたい、テニスの用語集 ~テクニック用語編~ (2)

テニスのテクニックに関する用語を紹介!

テクニックに関する用語は
専門的なものも多い

春は新たにテニスを始める人が多い季節。テニス初心者にとっては、よく意味がわからないという用語も多いのではないだろうか。そこでテニスをプレーするうえでも、観戦するうえでもこれだけは絶対に知っておきたいテニス用語を紹介。テクニックに関する用語を2回に分けて解説する。

※『テニスクラシック・ブレーク』2018年10月号別冊付録に掲載したものを再編集した記事になります

【関連記事】テニスの用語集《基本ルール編》はこちら



《テクニックに関する用語(ア~ト)

【アプローチ・ショット】

ネットに出るために打つショット。近年はストローク力が向上したため減少傾向にある。

【アングル・ショット】
相手をコートの外に追い出すように角度をつけたショットのこと。

【アンダースピン】
ボールの進行方向と反対方向の回転。スライス回転、逆回転とも言う。回転数が少ないとバウンドは滑りやすく、回転数が多くなるとバウンドは止まりやすい。ドロップショットでも使用する。


【アンフォーストエラー】
自分に原因があるミスショットのこと。それに対してフォーストエラーは、相手に原因(いいショット)がある際のエラーのこと。

【インパクト】
フェイス面でボールを捕らえる打点のこと。

【ウィナー】
相手が触ったがポイントになった際に使う。サーブではサービスウィナー、サーブ以外ではウィナー。

【エース】
相手に触れられることなく決まったショットのこと。サービスではサービスエース、ストロークではストロークエース。ノータッチエースは誤用。

【オープンコート】
ラリー中、相手のコートの中で空いた場所のこと。

【オープンスタンス】
打球方向に対して、両足を開いたまま構えるスタンス。打球方向に対して両足が斜めの体勢で構えることは、セミオープン・スタンスと呼ぶ。

【キープ】
自分のサービスゲームを取ること。

【キックサーブ】
ボールの左斜め下から右斜め上にかけて捕らえるサーブ。バウンド時に、右側に跳ねる。ツイストサーブという呼び方もある。

【キャリオカステップ】
左足が右足の後ろを通るステップのこと。主にバックハンド・スライスを打つ際に使う。体の開きを抑制することができる。

【グラウンドストローク】
ボールをワンバウンドさせて打つショット。一般的なラリーで使う。

【クローズドスタンス】
打球方向に対して、フォアハンドなら左足を右足より前(バックハンドは逆)に出して構えるスタンス。打球方向に背面を見せる形となる。

【クロス】
コートの対角線上に打つコースのこと。例えば、フォアハンドでは自分から見て左側に打つのがクロス。それに対して、バックハンドのクロスのコースに、ボールの後ろに回り込んでフォアハンドで打つのは「逆クロス」と呼ぶ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=テニスクラシック

注⽬の記事PICK UP