close

2021.05.06

選手情報

ナダルが誕生日の同胞アルカラスにストレート勝ち。「彼はすでに素晴らしいレベルにある」と讃える[マドリード・オープン]

18歳アルカラスの攻撃的ショットに
受けて立ったナダル


誕生日に、母国最大規模の大会で試合が組まれ、母国最大のスーパースターであり、アイドルと対戦する。そんなスペシャルな日を迎えたカルロス・アルカラス(スペイン)は、持ち味を発揮して果敢に攻めて敗れた。

【動画】ナダルvs.アルカラス マッチハイライト


5月5日、ATPマスターズ1000 「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード)、第1シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク2位)は大会初戦となる2回戦で、同120位のアルカラスと対戦。6-1、6-2で勝利し、3回戦進出を決めた。

試合前、観客がハッピーバースデーを歌って誕生日を祝ってもらったアルカラス。だが、試合は非常にタフなものになる。

第1セット第1ゲームのファーストポイント、8本のラリーの末にバックハンドがネットしたアルカラス。続くポイント、リターンで叩くと3球目、フォアハンドをダウン・ザ・ラインでウィナー。その後、30-40とブレークチャンスを迎える。アルカラスは、オープンコートに強打を打ち込んでいくが、ナダルにつながれるとフォアハンドがネット。これがこのセット最初で最後のブレークチャンスだった。



誕生日に、アイドルのナダルと対戦したアルカラス


続くアルカラスのサービスゲームでブレークしたナダルは、第4ゲームでもブレークに成功。アルカラスのショットに受けて立ち、さらに厳しいコースにショットを決めていって6-1。わずか33分で第1セットを先取した。このセット、ナダルはファーストサーブ成功率が57%というものだったが、セカンドサーブのポイント取得率は78%。アルカラスに2ポイントしか許さなかった。

第2セット、ナダルは第1ゲーム、第3ゲームでブレーク。3-0とする。続く第4ゲーム、アルカラスは怯むことなく前で叩いていってナダルとラリーを繰り広げると、ブレークチャンスを迎える。1本目は凌がれたものの、2度目のチャンス、ナダルを左右に走らせ、高いボールを使って揺さぶると、スマッシュを決めてブレークに成功する。

しかし、アルカラスにとって最大のハイライトだった。続く第4ゲーム、0-40とピンチを迎えたアルカラスがワイドにサーブを打ってネットダッシュすると、ナダルはコートからかなり離れた地点からダウン・ザ・ラインにリターンエースを決めてブレーク。2ブレークアップを保ったまま、6-2で勝負を決めた。

試合後、トーナメント・ディレクターを務めるフェリシアーノ・ロペス(スペイン/ロペス)から、アルカラスにバースデーケーキを贈られると、ナダルも近づいて笑顔で記念撮影というシーンもあった。

試合後の会見、「素晴らしい雰囲気の中で、素晴らしいプレーができたと思う」と振り返ったナダルは、アルカラスについて「とにかくアグレッシブだったね。ポテンシャルは非常に高いものを持っているし、すでに素晴らしいレベルにある。若くてとてもいいヤツだしね。近い将来、もっと素晴らしい選手になると思う。私はスペイン選手が好きだし、ファンでもある。彼がベストを尽くしていけることを願いたい」と讃えた。

一方、18歳となって最初の試合に敗れたものの、アルカラスは「素晴らしい誕生日になった。ラファ(ナダル)とプレーできて。学びの時となった。もちろん勝てたらもっと良かったけれど、楽しむことができた。この試合は、選手としての僕を成長させるものになると思う。このような誕生日を過ごせて本当に幸せだよ。今後、タフな時間をどうするかを学ぶ必要があると感じた」と振り返った。ちなみに、試合前はナダルと何も言葉を交わさなかったものの、「試合後、『誕生日おめでとう』と言ってくれた」と明かしている。



試合後、ケーキをプレゼントされたアルカラス(写真左)、ロペス、ナダルと共に記念撮影


続く3回戦で、ナダルは第14シードのヤニック・シナー(イタリア/同18位)にストレート勝ちしたアレクセイ・ポピュリン(オーストラリア/同76位)と対戦する。
「驚くようなサーブと良いフォアハンドを持っている。若いしタフな相手だ」と相手の感想を語ったナダルは、いつもどおり「しっかり準備をして臨みたい」とコメントしている。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録