close

2021.05.09

選手情報

錦織圭は初戦で世界28位のフォニーニと対戦。過去2勝1敗で勝ち越し[イタリア国際]

Photo by Getty Images

錦織圭は過去2勝1敗のフォニーニと対戦。西岡良仁は予選決勝に挑む

「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/ATPマスターズ1000)は、5月8日に男子シングルスの組み合わせを発表。世界ランキング43位の錦織圭(日清食品)は、1回戦で同28位のファビオ・フォニーニ(イタリア)との対戦が決まった。

【画像】「BNLイタリア国際」の男子シングルス組み合わせ表

今大会は全仏オープン前として最後のマスターズ大会であり、トップ選手の多くが出場。上位シードには、世界ランキング8位のロジャー・フェデラー(スイス)を除く、上位16名が名を連ねた。

錦織とフォニーニの対戦成績は、2勝1敗で錦織の勝ち越しており、最後の戦いとなった2017年のATPマスターズ1000マイアミ大会準々決勝では、フォニーニが6-4、6-2で勝利。なお、クレーコートでの唯一の対戦となった2016年ATPマスターズ1000マドリード大会では、錦織が6-2、3-6、7-5のフルセットで勝利している。

上位シードが勝ち進むと、錦織は2回戦で第11シードのパブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン/同12位)、3回戦で第6シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同6位)、準々決勝で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン/同2位)と対戦する。

また、西岡良仁(ミキハウス/同60位)が予選に出場しており、1回戦でグレゴワール・バレール(フランス/同122位)にストレートで勝利。9日、コート1の第3試合で行われる予選決勝で、カミール・マイクシャク(ポーランド/同129位)と対戦する。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

タグ