close

2021.05.14

選手情報

ハレプが、痛めた左ふくらはぎの状態をSNSで報告「小さな筋断裂が見つかりました」

ケルバー戦で途中棄権していたハレプ

5月14日、シモーナ・ハレプ(ルーマニア/世界ランク3位)は、Twitterを更新。左足の状態について説明した。

ハレプは5月12日、「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/WTA1000)、アンゲリーク・ケルバー(ドイツ/世界ランク26位)との2回戦で、左ふくらはぎを痛めて途中棄権をしていた。

【SNS】ハレプが左足の状態を報告

左足に包帯を巻き、ステッキを持つ写真と共にハレプは、「こんにちは! ローマでMRI検査を受けたところ、左ふくらはぎの上部に小さな筋断裂が見つかりました。今日、自宅に帰ります。月曜日から、プールとジムでリカバリーのためのトレーニングを始めます。私は前向きです。少しでも早く復帰できるようにできることはすべてやるつもりです。応援ありがとうございます。またお会いしましょう」と綴っている。

月曜日からリハビリを始められるというのは、いい情報だが、気になるのは5月30日から開幕する全仏オープンに間に合うかということ。早期回復を祈りたい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma