close

2021.06.03

選手情報

<一問一答>錦織圭、2試合連続の死闘制すも「完全に攻めの気持ちではなかった」[全仏オープン]

錦織圭、全仏オープン7度目の3回戦進出! 第3セット奪われ「魂が抜けた」

全仏オープン4日目、男子シングルス2回戦で世界ランキング49位の錦織圭(日清食品)が、第23シードのカレン・カチャノフ(ロシア/同25位)を4-6、6-2、2-6、6-4、6-4で下し、2年ぶり7度目の3回戦進出を果たした。

【動画】錦織圭、全仏オープン7度目の3回戦へ! マッチハイライト

初戦で同大会初の本戦入りを果たしたジャンネッシにフルセットで勝利した錦織。この日の試合では、第1、3セットを奪われ、後がなくなった錦織だが、第4セットでは2度のブレークでファイナルセットへ持ち込む。そのファイナルセットでは、カチャノフの強打に苦しめられたものの、5-4となった第10ゲームでブレークに成功。3時間59分の激闘の末、初戦に続いてフルセットの戦いを制した。

試合後の会見で錦織は、第3セットを落とした時に「魂が抜けた」とメンタル的に辛い場面だったとしたが、それでも勝利に結びつけられたことに「(自分で)自分がすごいなと思う」と語った。

3回戦では、2回戦で第11シードのロベルト・バウティスタ・アグ(スペイン/同11位)をセットカウント3-1で破ったヘンリ・ラークソネン(スイス/同150位)と対戦。両者はは対戦となる。

以下、会見での錦織の一問一答である。

Q.互角の戦いに見えましたが、ご自身ではどのように感じてますか?

「ブレるゲームは少なからずあった。4、5セット目でも自分がキープしていれば、どこかでチャンスは来るかなというのはあったので、それがモチベーションになっていましたね。でも、最初の方は彼のプレーがフォアの逆クロスだったり、読みづらい。いつもだったら『こっちに打ってきそうだな』という勘が外れたりというのが今日は多かった。彼も彼なりに直近で負けているので、リスク取ってプレーしてきただろうし、最後のほうはブレークできる予感はあったので、チャンスも自分の方がありましたし、ファイナルセットは。そこにチャンスはあるなと思ってプレーしていました」

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma