close

2021.06.26

テクニック

サーブで「威力を出す」「安定したトスを上げる」「攻撃的なスピンサーブを打つ」ためのちょっとしたコツとは!? (9) 【テニス上達ワード50】[リバイバル記事]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

威力を出したい、攻撃的なスピンサーブを打ちたい、などの悩みを解消するちょっとした「コツ」をお届け!

「トスが回転してしまう」
「スライスサーブが曲がらない」

などの悩みを解消するコツを紹介!

「あるひと言で悩みが解決した!」ということはよくあること。テニスクラシック・ブレーク誌上に掲載され、読者から評価の高かったサーブの【上達ワード】を50個厳選。その中から今回も4つの上達ワードを紹介。今こそ、悩みを解消しよう!


※『テニスクラシック・ブレーク』2019年8月号に掲載したものを再編集した記事になります

【関連記事】テニスがうまくなる「上達ワード50」記事はこちら




[サーブ/トス] 上達ワード33
トスが回転してしまう…
「左足を固定して、目より上でリリース」

“目より腕でトスアップする”とよく言われるが、これは体幹が静止しているから効果的なこと。そこで「左足を固定し、目より上でリリース」してみよう。左足が動きやすい人は、ボールをつま先の下に入れて練習することをオススメする。


左足を固定して、目より上でトスアップすると安定しやすい (写真:R.フェデラー[スイス])


[サーブ/威力] 上達ワード34
もう少し威力を上げたい…
「スイートエリアの少し先で捕らえる」

「スイートエリアの少し先(トップ寄り)で、ボールを捕らえて」みよう。同じフェイスでも先のほうが、スイング速度が速いためパワー、スピンともにアップするのだ。上級者、プロでは当たり前に行っているテクニックである。


スイング速度が速い先で捕らえるほうが、威力はアップする (写真:錦織 圭[日清食品])

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男、石塚康隆(NBP)

注⽬の記事PICK UP