close

2021.05.13

テクニック

サーブで「狙ったコースに打つ」「回転量を増やす」ためのちょっとしたコツとは!? (5) 【テニス上達ワード50】[リバイバル記事]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

“スピン量が少ない”“厚い当たりで打てない”といったサーブの悩みを解消するちょっとした「コツ」をお届け!

サーブの悩みが解消するコツが満載!

「あるひと言で悩みが解決した!」ということはよくあること。テニスクラシック・ブレーク誌上に掲載され、読者から評価の高かったサーブの【上達ワード】を50個厳選。その中から今回も4つの上達ワードを紹介。今こそ、悩みを解消しよう!

※『テニスクラシック・ブレーク』2019年8月号に掲載したものを再編集した記事になります

【関連記事】テニスがうまくなる「上達ワード50」記事はこちら



[サーブ] 上達ワード17
狙ったコースとズレる…
「インパクト時の面の角度を意識で改善!」

基本的にボールは、インパクト時に、フェイスが向いている方向に飛ぶ。狙いとのズレは、感覚と面のズレがあるから。つまり「インパクト時の面の角度をしっかり意識」すれば、改善すること間違いなしだ。


インパクト時にフェイスはどっちを向いているかを確認しよう。面の向き通りにすれば、その向きへボールは飛ぶ! (写真:R.ナダル[スペイン])


[スピンサーブ] 上達ワード18
スピンサーブで回転量不足…
「フットバック型で下→上のスイングを助長」

「フットバック型で打って」みよう。スタンスを保ったまま(後ろ足を引き寄せず)打つ形にすれば、下→上にラケットを振りやすくなり、スピン量がアップする。




フットバックならスピン量を増やしやすい! (写真:R.フェデラー[スイス])


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男、石塚康隆(NBP)

注⽬の記事PICK UP