close

2021.07.02

テクニック

サーブで「スイングスピードを上げる」「トスを安定させる」ためのちょっとしたコツを紹介!(10) 【テニス上達ワード50】[リバイバル記事]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

トスアップでヒジが曲がる、サーブが不安定になる、などの悩みを解消するちょっとした「コツ」をお届け!

「トスアップでヒジが曲がる」
「サーブが不安定になる」などの
悩みを解消するコツを紹介!

「あるひと言で悩みが解決した!」ということはよくあること。テニスクラシック・ブレーク誌上に掲載され、読者から評価の高かったサーブの【上達ワード】を50個厳選。その中から今回も4つの上達ワードを紹介。今こそ、悩みを解消しよう!


※『テニスクラシック・ブレーク』2019年8月号に掲載したものを再編集した記事になります

【関連記事】テニスがうまくなる「上達ワード50」記事はこちら



[サーブ] 上達ワード37
スイング速度を上げたい…
「トロフィーポーズでヘッドを前向きにする」

トロフィーポーズで、フェイスが開く(上を向く)とスイング速度は上がらない。そこで、トロフィーポーズでは、「ヘッドを前方に向ける」ようにするのがポイント。視界の中にヘッドが入るくらいでOK。これによりヘッドが走る距離が増え、スイングが加速するのだ。


トロフィーポーズでは、ヘッドが前方を向くように! (写真:A.デミノー[オーストラリア])


[サーブ] 上達ワード38
トスアップでヒジが曲がる…
「ギプスをはめたイメージで力を入れる」

リラックスしてトスするのはいいのだが、ヒジが曲がた状態でのトスアップは不安定のもと。ある程度は力を入れる必要がある。そこで、「肩から手首までギプスをはめたイメージでトスアップ」してみよう。ある程度、力を入れることが大事だ。

ギプスをはめたイメージで力を入れれば、トスアップでヒジが曲がらない
ある程度、力を入れても腕は曲がらないほうがベター! (写真:M.ラオニッチ[カナダ])

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男、石塚康隆(NBP)

注⽬の記事PICK UP