close

2021.08.25

メーカーズボイス

本家に匹敵する高品質を誇るテニス用「St.Christopher 極厚ソックス」がおすすめ

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存


ソロソックスに匹敵する日本製ソックスを——
テニックと日本屈指の技術力を持つ工場が
作り上げた「St.Christopher 極厚ソックス」


果たして、現在の日本が持つ最高の技術で作られたテニス用の最高のソックスが出来上がる。テニックでは、この自慢のソックスに「St.Christopher(セント・クリストファー)」のブランドを付けて現在発売中である。





それでは、どんな特徴を持ったソックスとなったのか。「靴擦れ予防」「シューズ内の浮き・隙間予防」「足首関節のサポート」というのが一番の特徴だ。

素材は、綿・ポリエステルを絶妙な比率で調合した「チャオ」を使用。この素材は、綿素材の履きやすさとポリエステルの耐久性それぞれを最大限に引き出したもので、通常の綿素材の3倍の耐久性を持っている。さらに足首、土踏まず部にテーピング加工を施しているため、軸のブレを抑制するほか、足首関節、筋肉の可動域を制限することで、足首へのダメージを軽減してくれる。

もっと細かい話をすると、一般的な靴下編み機は釜の口径が3.5インチから4.0インチ程度の釜で、針数が144本~200本という編み機が多いが、この極厚ソックスの口径は5インチで針数が84本のものを使用している。口径が大きく針数が少ないので、一本一本の針が太く大きくなるわけだが、パイル編みにすることで、極厚が実現している。テニックは数十の工場に断られたと書いたが、この編み機はかなり特殊なものなのだという。編んでいくのも簡単ではない。大量生産が難しいため、全国のショップに十分な数が供給できていないというのが実情なのだという。





本家「ソロソックス」に匹敵するクオリティーを持つ、“テニスが上手くなり、ケガを遠ざけることができるソックス”といっても過言ではない「St.Christopher 極厚ソックス」。シューズなどのテニスのギアを考えたら、税込¥1,320と決して高いと言えるものではない。まずは一足入手してみてはいかがだろうか?



取材協力:株式会社テニック
大阪TEL06-6358-5031、東京営業所TEL03-5439-6250

http://www.stchristopher-tennis.com/product_page/21ss/STC-BKA4208.html
http://www.stchristopher-tennis.com/product_page/21ss/STC-AHA4107.html
http://www.stchristopher-tennis.com/product_page/21ss/STC-BKA4207.html
http://www.stchristopher-tennis.com/product_page/21ss/STC-BKA4209.html
http://www.stchristopher-tennis.com/product_page/21ss/STC-BKA4210.html
http://www.stchristopher-tennis.com/product_page/21ss/STC-AHA4109.html
http://www.stchristopher-tennis.com/product_page/21ss/STC-AHA4110.html

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録