close

2021.09.05

選手情報

<一問一答>錦織圭、3回戦敗退も王者ジョコビッチとの善戦に手応え「次やる時は怖さが減る」 [USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存



Q.自分の感覚のずれなど、この1年を振り返っても自分の中で良いプレーだったと感じていますか?

「悪くはなかったですね。自分のいつものテニスではなかったので、ちょっとやりづらさはありましたけど、そこをだいぶ変えながらプレーしたので、いつもの自分の速い展開でプレーするという感じではなかった。でも、悪くはなかったですね。こういう感じで試合展開もできるんだなというのも、1セット目を戦って感じましたし、それを続けれないというところと、さらにレベルを上げてくる彼に対して自分がついていけなかったのと。1セット取るだけでもすごく長く感じたので、1ゲームがものすごく長いというのは試合中にも感じていた。でも、内容的には悪くはなかったと思います。サーブの差が、かなり今日は出たのかなと。もちろんストロークでのミスのなさとか、最後の方はバックのダウン・ザ・ラインとか細いところに攻められましたけど、サーブの差というのが今日はちょっと多く見えたような気がします」

Q.通用した点、手応えはどの点が大きいですか?

「じっくりラリー戦をしてみようというところが、今日は良かったのかなと。ミスも誘えましたし、いつものようなこの何試合か彼とやって、先にブレークされて、余裕持たれて思い切りプレーされるという展開ではなかった。なるべくプレッシャーのかかるスコアにもっていかないとなというのは、最初から思っていたので、それが何となく最後の方までできた。ワンブレークのスコアにはなりましたけど、2セット目から。ちょっとプレッシャーをかけられる試合になれたのかなと今日は。そこが唯一、ポジティブなところですかね」

Q.セットを奪ったのが3年ぶりでしたが、いい状態に戻ってきている手応えを感じられましたか?

「確実に良くはなってきていますね。2回戦もああいう苦しい試合を勝てたのも大きな勝利ですし、今日みたいな試合もまだまだ課題点は残る。力の差は見せられましたけど、この何回かの対戦では一番良かったですね。前にローマとマドリードと対戦した時ぐらいの惜しいような試合ができたのかなと思います」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録