close

2021.09.04

選手情報

錦織圭と世界1位ジョコビッチの一戦は5日2時半以降開始! 大会6日目の試合予定[USオープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭、7年ぶりにジョコビッチから勝利なるか

USオープンは、大会6日目となる9月5日の試合予定を発表。日本人選手では、錦織圭(日清食品/世界ランク56位)が、男子シングルス3回戦で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)と対戦するほか、マクラクラン勉(イカイ/男子ダブルス世界ランク30位)が男子ダブルス、そして柴原瑛菜(橋本総業HD/女子ダブルス世界ランク9位)と組んだ混合ダブルスで登場する。

【画像】錦織圭、世界1位ジョコビッチと激突! USオープン6日目の試合予定表&錦織圭、2回戦マッチハイライト

アーサー・アッシュ・スタジアム第2試合(日本時間5日2時30分以降開始)に組まれた錦織とジョコビッチの一戦。これまでの対戦成績では、錦織が2勝17敗と大きく負け越しており、16連敗中である。7月下旬の東京オリンピックの準々決勝では、2-6、0-6とジョコビッチに完敗を喫している。

だが、錦織が最後にジョコビッチから勝利を挙げたのは、2014年に初めてグランドスラム決勝に進んだこのUSオープン。錦織は、「彼(ジョコビッチ)は最高のプレーヤーだが、ここで戦って良い思い出もある。少し前向きになれる」「オリンピックの時は自分がかなり悪かった。やりたいことは頭に入っている。自分のプレーが良ければチャンスはある」と、良いイメージを持って戦いに臨む。錦織は7年ぶりにジョコビッチから勝利を挙げることができるのか注目だ。

そして5番コートの第1試合には、男子ダブルスで第11シードのマクラクラン/レイベン・クラーセン(南アフリカ/男子ダブルス世界ランク23位)が、サンティアゴ・ゴンザレス(メキシコ/同54位)/アンドレス・モルテーニ(アルゼンチン/同62位)と対戦する。前哨戦「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンD.C./ATP500)でペア2度目の優勝を果たした同ペアだが、その後は3大会連続で初戦敗退。そのため「リズムが良くなかった。緊張してリターンがなかなか返らなかった」(マクラクラン)と、1回戦は最終セットのタイブレークまでもつれ、辛くも勝利を手にした。次戦に向け、マクラクランは「(1回戦を)勝つことができたからもう1回チャンスがある。次の試合はリラックスして、楽しんで良いプレーをしたい」と語った。

また、同じコートの第4試合では昨日からスタートしている混合ダブルスでマクラクラン/柴原が、ティム・プッツ(ドイツ/男子ダブルス世界ランク33位)/ペラ・ズボナレワ(ロシア/女子ダブルス世界ランク35位)と対戦する。

■USオープン6日目日本人選手の試合予定 ※[]はシード順位

【アーサー・アッシュ・スタジアム】
第2試合(日本時間5日2時30分以降開始):男子シングルス3回戦 錦織圭(日清食品)×ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1]

【5番コート】
第1試合(日本時間5日0時開始):女子ダブルス1回戦 マクラクラン勉(イカイ)/ レイベン・クラーセン(南アフリカ)[11]×サンティアゴ・ゴンザレス(メキシコ)/アンドレス・モルテーニ(アルゼンチン)

第4試合(日本時間5日1時30分以降第2試合開始):混合ダブルス1回戦 マクラクラン勉(イカイ)/柴原瑛菜(橋本総業HD)[6]×ティム・プッツ(ドイツ)/ベラ・ズボナレワ(ロシア)

【特集】USオープン2021の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP