close

2021.10.12

選手情報

青山修子/柴原瑛菜ペア、二宮真琴ペアの日本人対決は明日朝5時スタート[BNPパリバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

左から柴原、青山、二宮

日本人対決が女子ダブルス準々決勝で実現

「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/ATPマスターズ1000・WTA1000)は、現地10月12日のオーダー・オブ・プレー(試合予定)を発表。女子ダブルス準々決勝、第3シードの青山修子(近藤乳業/ダブルス世界ランク8位)/柴原瑛菜(橋本総業HD/同8位)と、二宮真琴(エディオン/同ダブルス49位) /サブリナ・サンタマリア(アメリカ/同60位)による日本人対決は、スタジアム4の1試合目(日本時間13日5時)に組まれた。

【画像】10/12の予定と女子ダブルス勝ち上がり表をチェック

【関連記事】青山修子/柴原瑛菜が8強入り。アメリカペアにストレート勝利[BNPパリバ・オープン]

【関連記事】二宮真琴/サンタマリアが8強入り。次戦は青山修子/柴原瑛菜と対戦[BNPパリバ・オープン]


すでにツアー最終戦「資生堂WTAファイナルズ」(メキシコ・グアダラハラ)出場を決めている青山/柴原は、今大会1回戦でサニア・ミルザ(インド/同61位)/ジャン・シューアイ(中国/同10位)に4-6、6-3、[15-13]で辛くも勝利。続く2回戦では、ジェシカ・ペグラ(同46位)/エイジア・ムハメド(同36位)の地元アメリカペアと対戦し、6-3、6-4のストレート勝ちを収めている。

対する二宮/サンタマリアは、1回戦でキルステン・フリプケンス(ベルギー/同75位)/サラ・ソリベス・トルモ(スペイン/同68位)と対戦。7-6(5)、3-6、[10-6]とマッチタイブレークの末に下すと、2回戦で第8シードのシャロン・フィッチマン(カナダ/同30位)/ジュリアーナ・オルモス(メキシコ/同26位)に6-4、6-2で勝利し、準々決勝に駒を進めている。

両ペアは、前週のWTA500シカゴ大会2回戦でも対戦。その際は青山/柴原ペアが6-1、6-3で勝利している。日本人対決は、どちらのペアが勝利するか。明日の朝5時から始まる対戦に注目したい。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP